注目スポット・松陰神社前にある小さなパリ「café Lotta」でプリンをいただきましょう。

注目スポット・松陰神社前にある小さなパリ「café Lotta」でプリンをいただきましょう。

東京都 食・グルメ プリン スイーツ カフェ るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

松陰神社前駅からすぐ。昔ながらの松陰神社通り商店街は、おしゃれなショップが続々とオープンしている、いま注目の場所。そんな商店街に、2001年のオープン以来、ずっと愛され続けている「café Lotta(カフェロッタ)」はあります。リピーターはもちろん、国内外から旅行者がやってくる「憧れのカフェ」でもあるのです。

Summary

ここは日本? パリのカフェのようなインテリア

一歩お店に入るとまず目に入るのは、ウィリアム・モリスのウォールペーパー。アンティークの家具や調度品が配された店内は、まるでパリのカフェのよう。パリのテラス席でよく見かける椅子まで置いてあるんです!オープン当時から使い続けて味が出たテーブルの上には、いつもきれいなお花が飾られ、素敵な空間を演出しています。

カウンターの上には出番を待つカップが。どれも、ヨーロッパが大好きなオーナーの桜井かおりさんが現地で買い付けてきたアンティーク。若い人にもそのかわいさを知ってほしいという想いから、プレートなどと一緒に店内で実際に使用されています。

目指すは住宅街にある喫茶店!

桜井さんは、住宅街にある喫茶店のようなお店を作りたいと「café Lotta」をオープン。「私は喫茶店のママ。お客様とお話できるのがうれしいんです」と言うように、お客さんとの距離が近く、温かいおもてなしも魅力。桜井さんに会いにやってくるお客さんも、たくさんいるほどです。

桜井さんとともにお客さんを迎えるのが、イギリスからやってきた「黒ねこ店長」。桜井さんはお客さんから手紙をもらうことが多く、閉店後に店長の洋服の中にこっそりと託されて手紙を見つけることもあるのだとか。

スイーツはちょっぴり懐かしい味

喫茶店のメニューといえば、プリンやトースト、そして、クリームソーダ。「café Lotta」のメニューにも、そんな喫茶店の定番が並びます。「ちょっと懐かしさを感じられる味に」と、味にも喫茶店っぽさをプラスしていますが、どれもアンティーク食器に盛り付けられて、フォトジェニック!

ほろ苦カラメルソースの「プリン」(500円)は甘さ控えめ。単品でのオーダーはできないので、ドリンクとセットで注文するのがおすすめです。上にのったバニラアイスと生クリームと食べると、ちょうどいいバランスになります。土・日限定のメニュー。気になる人は週末を狙って訪問してくださいね。

「café Lotta」の「カフェ・オ・レ」(650円)といえば、キュートなラテ・アートが有名。本の撮影中に桜井さんが思いつきで「顔」を描いた「カフェ・オ・レ」の写真が表紙を飾ると、同じように描いてほしいというリクエストが殺到して、定番化したのだとその誕生秘話を教えてくれました。カフェ・オ・レ・ボウルでサーブされるので、たっぷり飲めるのもうれしいですね。

ケーキは日替わり。あっさりとした「ガトー・ショコラ」(500円)は、生クリームをつけて召しあがれ。「カフェ・オ・レ」との相性もバツグンです!

お店が長く愛される秘訣を聞くと、「ていねいに仕事をしているだけ。料理も接客もひとりだから、お客様に思いが通じるのかもしれません」とのお答え。「café Lotta」は、そんな温もりを感じられる心地よい空間なのです。

■café Lotta(かふぇ ろった)
住所:東京都世田谷区世田谷4-2-12
TEL:03-3428-1126
営業時間:12~18時(17時LO)
定休日:水~金曜(不定休あり)

Text: 河部紀子(editorial team Flone)
Photo: 田尻陽子

●この記事は『プリン愛』の記事をもとに作成しています。
●掲載した情報をはじめ、「プリン」のお店についてもっと知りたい方は、『プリン愛』をご覧ください。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください