北浜「SCHOOL BUS COFFEE STOP KITAHAMA」でコーヒーブレイク【大阪カフェごはん#11】

北浜「SCHOOL BUS COFFEE STOP KITAHAMA」でコーヒーブレイク【大阪カフェごはん#11】

大阪府 カフェ コーヒー スぺシャルティコーヒー 食・グルメ ホットドッグ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

大阪でおいしい食事が楽しめるカフェを紹介する連載企画第11弾。今回はオフィス街・北浜にある、「SCHOOL BUS COFFEE STOP KITAHAMA(スクールバス・コーヒー・ストップ・キタハマ)」へご案内。リノベーション会社が運営する、都会の生活と大自然が調和するアメリカ・ポートランドのスタイルを取り入れたカフェでほっこり一息。

ポートランド直輸入のコーヒーの味が楽しめるオフィス街のオアシス

今回お邪魔したのは、京阪北浜駅から徒歩1分、ビルが立ち並ぶ土佐堀通をひと筋入った場所にある「SCHOOL BUS COFFEE STOP KITAHAMA(スクールバス・コーヒー・ストップ・キタハマ)」です。

デザイン性に富んだビルの1階ドアをあけると、コンクリート打ちっぱなしの床、配管をそのまま見せたインダストリアルな空間が広がっています。

路面は一面が窓で開放感があり、窓に面してカウンター席、もう1面は全体が棚になっていて建築関係の雑誌やコーヒーに関するグッズがセンスよく並んでいます。

お店の真ん中には大テーブル。外にはスタンディングでも座っても使えるテラス席が用意されています。

フラットホワイト&ラテでも選べるコーヒー豆の種類

奥のカウンターで注文して、お好きな場所で。

「SCHOOL BUS COFFEE STOP」といえば、「フラットホワイト」。耳馴染みがないかもしれませんが、オーストラリアやニュージーランドではラテといえばフラットホワイト。こちらでは、スチームミルク多め、フォームミルクを少なめなのがフラットホワイト。フォームミルク多めなのが「ラテ」と違いをつけています。なので、コーヒーの味をよりダイレクトに楽しみたい方は「フラットホワイト」、ミルクの甘さをより感じたい人には「ラテ」がおすすめです。

ここ「SCHOOL BUS COFFEE STOP」がコーヒー好きに嬉しいのは、ドリップコーヒーだけでなくフラットホワイトやラテの注文時にも豆の種類を選べること。

1つはお店のオリジナルブレンド。こちらは深煎り豆ベースのコクのある味わい。もう1つはシングルオリジンの浅煎り豆。こちらポートランドの自家焙煎コーヒー店と直契約で仕入れた日本ではここでしか味わえない豆。

ラテアート希望なら、フラットホワイト一択です!

コーヒーとの相性バッチリの焼き菓子とフードメニューはこちら

コーヒーのお供に、ちょっと甘い物が欲しいときはクッキー。

焼き菓子もおいしそうなものがいくつか用意されています。

フラットホワイト 豆:オリジナルブレンド550円  豆:COAVA 580円 ジンジャーマンクッキー250円 ブラウニー400円
フラットホワイト (豆:オリジナルブレンド550円/豆:COAVA 580円)、ジンジャーマンクッキー250円、ブラウニー400円

組み合わせたらとってもキュート!

会員パスになるメンバーズスクールバス(キーホルダー) 850円
会員パスになるメンバーズスクールバス(キーホルダー) 850円

「常連になりそう!」という方にオススメなのが、この黄色いスクールバスのキーホルダー(850円)。こちら関西に数店舗ある「SCHOOL BUS COFFEE STOP」全店で永久に使える会員パス。購入後はドリンク注文で1杯30円off、焼き菓子など同時注文で50円offになります。キーホルダーとしても可愛いし、割引券にもなるすぐれもの。さりげなく出せますし、常連ぽい感じも嬉しいです。Wi-Fiも完備されているお店なので、リモートワークしたい人なら持っていて損はないかも。

スクールバスドッグ ランチセット850円 単品680円
スクールバスドッグ ランチセット850円 単品680円

さて、肝心のカフェごはんはこちらの「スクールバスドッグ」。フードメニューはこの一択ですが、しっかりとボリュームがあって大満足の一品。ランチセットはオープンから15時まで。コーヒーor紅茶付きで、+150円でフラットホワイトに変更可など追加料金で別のドリンクを選べるのうれしいポイントです。

バンズの大きさは約20㎝。存在感のあるソーセージとザワークラフトを挟み、ケチャップとマスタード、ブラックペッパーで仕上げたシンプルなおいしさ。バンズは少しハード目で、食べ応え抜群です。

オリジナル雑貨やコーヒー豆の購入も

ここからは棚に並ぶ、珈琲グッズとコーヒー豆をご紹介。

家でコーヒーを豆から挽く習慣のある人なら、きっと欲しくなるであろう木のコーヒーメジャースプーンや耐熱ガラスとコルクを組み合わせたボトル型キャニスター。

ダイナーマグ各3000円
ダイナーマグ各3000円

北浜限定の2種類のマグカップ。ずっしりと厚みのあるフォルムがアメリカのダイナーマグらしく、ブラックカラーは男性にもおすすめ。

COAVA COFFEE ROSTERの豆 ※金額は豆や輸入時のレートにより異なる
COAVA COFFEE ROSTERの豆 ※金額は豆や輸入時のレートにより異なる

もちろん、コーヒー豆も販売。こちらがポートランドから日本に直輸入しているのはココだけというポートランドのCOAVAコーヒー。数あるフレーバーの中から常時3種類ほどピックアップして販売されています。

ドリップバッグ 1袋 200円 5袋入り1130円
ドリップバッグ 1袋 200円 5袋入り1130円

オリジナルブレンドのものは、豆での販売とドリップバッグでの販売もあり。1袋ずつ買えますし、5袋セットは紙箱入りで、ちょっとしたプレゼントにもよさそう。

ポートランドと日本で唯一直取引した豆で淹れるコーヒーがオシャレな空間で飲め、Free Wi-Fi完備、コーヒー豆も購入できる「SCHOOL BUS COFFEE STOP」。カフェごはんはもちろん、日々のブレイクやリモートワークにもぴったりです。

■SCHOOL BUS COFFEE STOP KITAHAMA1(スクールバス・コーヒー・ストップ・キタハマ)
住所:大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
TEL:06-6205-3739
営業時間:10〜18時
定休日: 無休 ※店休日あり
アクセス:大阪メトロ・京阪電鉄北浜駅から徒歩1分

★2022年3月7日発売★『大阪ごはんカフェ』も要チェック!

『大阪ごはんカフェ』

通いたくなる!ごはんがおいしい!大阪カフェ本 決定版『大阪ごはんカフェ』が2022年3月7日に発売!グリルドサンドイッチや野菜デリプレート、ハンバーガー、オムライスなど、ごはん時に訪れたくなる大阪のカフェをたっぷり紹介する大阪カフェ本決定版!ランチや夜ごはん、休日のブランチなど、ごはんシーンで訪れたくなるカフェを166軒紹介。事前に知っておくと安心&便利なテラス席・カウンター席の有無に加え、禁煙情報も全店掲載しています。


Photo: photo scape CORNER.大﨑 俊典
Text:京都ライター事務所 小西尋子

●新型コロナウイルス感染症対策により、記事内容・営業時間・定休日・サービス内容(酒類の提供)等が変更になる場合があります。事前に店舗・施設等へご確認されることをおすすめします。
●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●旅行中は「新しい旅のエチケット」実施のご協力をお願いします。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください