みろくの里 レジャープール

広島県のおすすめ屋外プールであそぼう【2018】

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
広島県 夏におすすめ 大型レジャープール 屋外プール ウォータースライダー 流れるプール
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島県の夏のレジャーで行きたいおすすめ『屋外プール』をご紹介。2018年の営業情報やウォータースライダー・流れるプール・波のプールなどの設備もチェックして、デートや友人・家族と行きたいプールを探してみてくださいね。

Summary

中央公園ファミリープール(広島県/広島市中区)

中央公園ファミリープール

都心の真ん中にある、公共のファミリー向けプール。園内には、タイプの異なる3つのプールがある。一番人気は、1周260m、水深1.1mの流れるプール。秒速50~70cmで流れる水に乗って、楽に泳げるのがいい。小さい子どもが安心して遊べるのは、水深25~40cmのこどもプール。水が流れる7本のレーンをもつ扇形のスライダーが設置してある。

  • 営業期間:2018年7月1日~9月2日
  • 営業時間:9~18時(入園は~17時)
  • 昨年の人出:12万9439人
  • 料金:大人(18歳~65歳未満)780円、シニア(65歳以上)340円、小人(小・中・高生及び18歳未満)340円、乳幼児無料
  • 定休日:期間中無休
  • スライダー:あり/無料
  • プールの種類:流れるプール/子供用プール/スライダープール/そのほか
  • レンタル:浮き輪1回100円、小銭入れ無料、浮き輪空気入れ無料
  • 子供利用時の注意:オムツ着用の乳幼児は遊泳不可(水遊びパンツ等を着用の場合は可)、小学生以下は保護者同伴が必要
  • ロッカー:ロッカー2000台(100円)
  • その他の施設:売店(フードショッププールサイド)、食堂(キッチンプールサイド)
  • 禁止事項:飛込み、ビン・カン類の持込み、アルコール類の持込み、綿製のTシャツ着用
  • URL:http://www.midoriikimono.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

因島アメニティプール(広島県/尾道市)

因島アメニティプール

因島大橋の近くにあり、瀬戸内海の景色が目の前に広がる遊園地感覚のプール。水深30cmのキディプールと、親子で楽しめるビーチ型のアクティブプールが用意されている。安全なゴム製の遊具を設置した遊INGゾーンは小さい子どもたちに人気。8~9mの高さからすべり下りる長さ57mと75mの2基のウォータースライダーには安全のために着水専用プールが設けられている。しまなみビーチ海水浴場が隣接しており、プールとビーチを行き来できる。

  • 営業期間:2018年7月7日~8月31日
  • 営業時間:10~17時
  • 昨年の人出:3万人
  • 料金:大人500円、中・高生400円、小学生300円、未就学児無料
  • 定休日:期間中無休
  • スライダー:あり/無料
  • プールの種類:子供用プール/スライダープール
  • 子供利用時の注意:ウォータースライダーは身長120cm以上で利用可
  • ロッカー:ロッカー270台(200円)
  • その他の施設:売店
  • 禁止事項:プールサイドの走行

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

みろくの里 レジャープール(広島県/福山市)

みろくの里 レジャープール

沼隈半島の丘陵地に広がるみろくの里は、スポーツ施設や温泉施設、宿泊施設などが揃う総合レジャーランド。なかでも、アトラクション満載の遊園地と、昭和30年代の街並みを再現した「いつか来た道」、夏期開設のレジャープールなどからなる「みろくの里」は、世代を超えて楽しめるレジャースポット。レジャープールには、大プールやガーデンプールのほか、半球体のトランポリン型のシャワードーム、3種類のウォータースライダーもあって一日遊べる。遊園地や「いつか来た道」へは水着のまま行き来することができる。

PassMe!のお得な割引チケットはこちら
  • 営業期間:2018年7月14日~8月31日
  • 営業時間:10~17時(土・日曜、祝日は~18時)、夏休み期間は変更あり
  • 料金:みろくの里入園料込大人(中学生以上)1800円、子ども(3歳~小学生)1500円
  • 定休日:期間中無休
  • スライダー:あり/無料
  • プールの種類:子供用プール/幼児用プール/スライダープール/そのほか
  • レンタル:パラソルセット1500円~、さじき席2000円~
  • 子供利用時の注意:小さな子どもは保護者同伴が必要、身長120cm以下の子どもは利用不可のプールあり(ウォータースライダーなど)
  • ロッカー:ロッカー430台(400円、利用後100円返却式)
  • その他の施設:遊園地、「いつか来た道」、神勝寺温泉
  • 禁止事項:飲食物・クーラーボックス・パラソル・テーブルセットの持込み、入れ墨・タトゥーなどがある場合の入場
  • URL:https://www.mirokunosato.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

ちゅーピープール(広島県/廿日市市)

ちゅーピープール

宮島対岸の高台にある見晴らしのよいちゅーピーパーク内のレジャープール。大きな波で遊べる波のりプールや全長200mの流れるプールなど8種類のプールで賑わう。頭上の巨大なバケツから勢いよく水が落ちてくる「びっくりバケツ」のあるキッズプール、全長120mのウォータースライダー、プールの形がダイヤモンド型をした水深100cmのダイヤモンドプールなど楽しさをギュッとつめこんだプールだ。ちゅーピーパークには中国新聞広島制作センターの新聞を作る工程が見学できる印刷工場やスナッグゴルフ専用常設コース(有料)、ボルダリング施設(有料)がある。

PassMe!のお得な割引チケットはこちら
  • 営業期間:2018年7月14日~9月2日
  • 営業時間:9~18時(7月17~20日、7月23~27日、8月27日~9月2日は~17時、土・日曜、祝日と8月11~16日は8時30分~)
  • 昨年の人出:約10万人
  • 料金:大人(中学生以上)1700円、子ども(小学生)1300円、幼児(3歳~未就学児)600円。土・日曜、祝日と8月11~16日は大人(中学生以上)1900円、子ども(小学生)1500円、幼児(3歳~未就学児)800円
  • 定休日:不定休(天候等により臨時休園あり)
  • スライダー:あり/無料
  • プールの種類:流れるプール/波のプール/子供用プール/幼児用プール/スライダープール/そのほか
  • レンタル:ボックスシート(日により料金が異なる)・デッキチェアーセット・大型パラソルセット3000円、パラソルセット・軒下テラスセット2000円、テント下1区画(1800×1800)1日500円、日陰スタンド1席1000円、単品(テーブル、イス、長イス)各500円
  • 子供利用時の注意:小さな子どもは(幼児、小学生)は保護者の同伴が必要。スライダーは身長120cm以下の子どもは利用不可、おむつが必要な幼児のプール利用は、水泳用おむつの上に水着を着用すること
  • ロッカー:ロッカー700台(400円、利用後100円返却式)
  • その他の施設:シャワー室(無料)、授乳室(無料)、メニュー豊富なフードエリア
  • 禁止事項:入れ墨・タトゥー(シール含む)などがある場合の入場。テント類およびパラソル・パラソルセットの持込みおよび設置など、詳細は公式サイトで確認

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください

るるぶトラベルのおすすめ特集

るるぶトラベル プールのある宿に泊まる
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • セレイナアン セレイナアン
  • mini_minor mini_minor
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • 6151 6151
  • マイメロディ マイメロディ
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ