(C)常寂光寺

京都「嵐山・嵯峨野・高雄」のおすすめ紅葉名所2018

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 秋におすすめ 紅葉 紅葉狩り 紅葉ライトアップ 紅葉祭り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都「嵐山・嵯峨野・高雄」のおすすめ紅葉名所(例年の見頃時期:10月下旬~12月上旬)をご紹介。渡月橋や世界遺産の天龍寺、竹林の道の散策が定番の嵐山から、喧騒を少し離れて紅葉が美しい名寺が密集する奥嵯峨野、川下りやトロッコ列車で紅葉が楽しめる保津峡、三尾と総称される栂ノ尾・槇尾・高雄周辺まで。

Summary

嵐山駅・渡月橋周辺…6件

嵐山(京都府/京都市右京区)

嵐山

平安の貴族たちが船遊びをした大堰[おおい]川を挟んで、小倉山(亀山)と向かい合う山。標高375mと低いが、全山アカマツが茂る中にヤマザクラやカエデが混じり、緑の中に赤や朱色が錦模様を描いて、京の秋を彩る。大堰川に架かる渡月橋を中心に、この付近一帯も含めて嵐山と呼ぶことも多く、京都の代表的観光地。保津川下りの下船地点にもなっている。宝厳院ではライトアップが行われる。また、毎年11月の第2日曜に、嵐山もみじ祭が開催される。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:375m
  • 主な紅葉樹種:ヤマザクラ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:屋形船、ボート
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:嵐山もみじ祭
  • 期間:2018年11月11日
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:散策自由
  • 休み:散策自由
  • URL:http://www.arashiyamahoshokai.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

天龍寺(京都府/京都市右京区)

天龍寺

画像提供:天龍寺

暦応2年(1339)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立した、京都五山第1位の寺で、世界文化遺産。創建時は150余の塔頭を数えたが、8回の大火に遭い現在の諸堂は明治時代に再建されたもの。曹源池を中心に嵐山や亀山を借景とする池泉回遊式の庭園(史跡・特別名勝)は、開山の夢窓疎石[むそうそせき]の作。3段の石滝組などを配し、南北朝時代の禅院を代表する庭園だ。紅葉は11月中旬から12月上旬までが見頃で、カエデ、ツツジ、サクラ、ハナミズキ等が紅葉する様は見事な美しさ。また庭園内の龍門亭では篩月[しげつ]謹製の精進料理が食べられる。また法堂の天井には平成9年(1997)加山又造画伯が描いた「雲龍図」があり、参拝することができる。(公開日:土・日曜、祝日、ただし春秋の特別参拝期間は毎日公開、行事等により参拝不可の日もあるので詳しくは要問合せ。参拝料:500円(庭園・講堂参拝料は別途要)、公開場所:法堂、公開時間9~17時(10月21日~3月20日は16時閉門))。また11月10日~12月2日の毎日、秋の曹源池庭園 早朝参拝がある。早朝参拝時の開門は7時30分。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:60~70m
  • 主な紅葉樹種:カエデ、サクラ、ツツジ、ハナミズキ
  • おすすめ紅葉観賞方法:静かに座ってみる
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:秋の曹源池庭園早朝参拝
  • 期間:2018年11月10日~12月2日の毎日 通常は8時30分開門だが、早朝参拝時は7時30分開門
  • <基本情報>
  • 料金:庭園参拝500円(諸堂参拝は300円追加)
  • 時間:8時30分~17時30分(11月10日~12月2日は7時30分~)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.tenryuji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

宝厳院(京都府/京都市右京区)

No Image

臨済宗大本山天龍寺の塔頭寺院のひとつである宝厳院の「獅子吼の庭」と呼ばれる回遊式山水庭園には、獅子に見える大きな岩が「獅子岩」と名づけられている。通常は非公開だが、特別公開のある春と紅葉シーズンには、歴史ある庭園にふさわしい見事な紅葉を楽しむことができる。ライトアップされた紅葉もみどころのひとつ。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、ヤマモミジ、ドウダンツツジ
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:秋の特別拝観
  • 期間:2018年10月6日~12月9日 ※特別拝観期間以外は非公開、9~17時開門(本堂参拝は16時30分受付終了)
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月9日~12月2日
  • 時間:17時30分~20時30分(閉門) ※受付終了20時15分
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、小・中学生300円。ライトアップは大人600円、小・中学生300円
  • 時間:9~17時(本堂拝観受付~16時30分)
  • 休み:特別公開期間以外は非公開(春・秋特別公開期間のみ拝観可)
  • URL:http://www.hogonin.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

車折神社(京都府/京都市右京区)

車折神社

平安末期の儒者、清原頼業[よりなり]を祭る。社務所にて祈念神石を授かり、願い事を祈願し、成就したら祈念神石に御礼の石を添えて奉納する習慣がある。商売繁盛、金運向上、売掛金の回収、受験合格に御利益がある。境内の芸能神社には、芸の上達を祈る現代の芸能人の玉垣が数多く並んでいる。紅葉は本殿の前が一番のスポット。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な標高:10m
  • 主な紅葉樹種:カエデ、ムク、イチョウ
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:9~17時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.kurumazakijinja.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

野宮神社(京都府/京都市右京区)

野宮神社

伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が、潔斎のためにこもった所。クヌギの丸太を組んだ黒木の鳥居や小柴垣の簡素なたたずまいの小さな社で、『源氏物語』の「賢木」の巻、謡曲『野宮』などに描かれた当時の様子を彷彿とさせる。今では縁結び、進学の神社として知られるようになった。紅葉は苔の緑とのコントラストが美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:9~17時(社務所)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.nonomiya.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

大河内山荘庭園(京都府/京都市右京区)

大河内山荘庭園

丹下左膳役で有名な昭和初期の俳優、大河内伝次郎の別荘。小倉山[おぐらやま]の山裾の起伏を利用して、桜や楓、松などを植え込んだ広大な庭は趣が深い。展望台からの眺望もよい。入山料には抹茶券が含まれており、お茶を楽しみながら紅葉観賞が楽しめる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ、サクラ、ヤマツツジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:回遊式の日本庭園をゆっくり散策
  • <基本情報>
  • 料金:大人1000円、小・中学生500円、すべて抹茶・菓子付
  • 時間:9~17時
  • 休み:無休

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

奥嵯峨野周辺…10件

愛宕念仏寺(京都府/京都市右京区)

愛宕念仏寺

本尊は千手観音。平安時代から厄除けの観音様として厚く信仰されている。春はシャガ、秋は紅葉の羅漢寺として親しまれているこの寺には、境内に1200躰もの表情豊かな石造の羅漢さんが並び、訪れる人々の心を和ませてくれる。秋の紅葉を背景に静かに佇む本堂や羅漢さんは特に趣深い。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~中旬
  • 主な標高:155m
  • <紅葉まつり>
  • イベント名:天狗の宴
  • 期間:2018年11月11日 13時~14時30分
  • 内容:天狗に扮した5人の山伏の行者が、厄除板を打ち鳴らしながら境内を練り歩く。天狗様から厄除けの護符とお加持が受けられる。
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人300円、小人(小・中学生)無料
  • 時間:8~17時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.otagiji.com/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

祇王寺(京都府/京都市右京区)

祇王寺

奥嵯峨の竹林の中にひっそりと佇む『平家物語』ゆかりの寺。仏御前の出現で平清盛の愛を失った白拍子の祇王が、母、妹と尼になってここに移り住んだ。後に仏御前も尼になり、ともに晩年を過ごしたという。草庵には、大日如来、清盛と4人の像を安置。影が虹色に映る吉野窓という丸窓も見もの。室内から眺める庭は、12月初旬のモミジが苔の上に散り、枝にも残っている時が美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:苔の上の散紅葉
  • <基本情報>
  • 料金:拝観300円
  • 時間:9~17時(最終受付16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.giouji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

宝筐院(京都府/京都市右京区)

宝筐院

平安時代、白河天皇によって建立され室町幕府第二代将軍足利義詮の菩堤寺となった。敵将であったが、義詮が慕った南朝の武将楠木正行の首塚と義詮の墓が隣同士で立つ。回遊式の庭園は秋の紅葉が見事(三脚・一脚の持込不可)。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:約50m
  • 主な紅葉樹種:ヤマモミジ、ドウダンツツジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:庭園内を回遊、本堂から鑑賞
  • <基本情報>
  • 料金:拝観500円
  • 時間:9~16時(紅葉期間は~16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:http://www.houkyouin.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

旧嵯峨御所 大本山 大覚寺(京都府/京都市右京区)

旧嵯峨御所 大本山 大覚寺

(C)旧嵯峨御所大本山大覚寺

真言宗大覚寺派本山。貞観18年(876)に嵯峨天皇の離宮を寺院に改めたもので、代々天皇や皇統の方々が住持し格式を保ってきた門跡寺院。鎌倉時代には後嵯峨、亀山、後宇多上皇がここで院政をしき、嵯峨御所とも呼ばれた。回廊で結ばれた宸殿[しんでん]や御影堂などの御所風の建物に、武家風の明智門、明智陣屋が彩りを添える。宸殿(重要文化財)と正寝殿(重要文化財)をはじめ襖絵(重要文化財)など、多くの文化財がある。紅葉は名古曽の滝の跡に抜ける道が紅葉のトンネルとなり、特に美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:サクラ、カエデ
  • おすすめ紅葉観賞方法:庭園の鑑賞
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年11月9日~12月2日(予定)
  • 時間:17時30分~20時30分(受付終了20時)※諸堂エリア拝観不可
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人500円、小・中・高生300円※2018年10・11月は1人1000円、紅葉のライトアップ観賞は拝観料大人500円、小・中・高生300円必要(昼夜入替制)
  • 時間:9~17時(受付終了16時30分)
  • 休み:無休
  • URL:https://www.daikakuji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

常寂光寺(京都府/京都市右京区)

常寂光寺

(C)常寂光寺

小倉山の中腹にある名刹で、秋の紅葉の美しさでも知られている。静寂な寺のたたずまいが天台四土の一つ常寂光土を思わせるところから、寺名となった。茅葺きの仁王門には運慶作と伝えられる仁王像が立っている。檜皮葺きの多宝塔(重要文化財)は、江戸時代の建築ながら華麗な桃山様式を伝えている。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:イロハモミジ、オオモミジ、ヒロハモミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:庭の散策
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年12月8~17日(京都・嵐山花灯路期間)
  • 時間:17時~20時30分(受付は~20時終了)
  • <基本情報>
  • 料金:拝観500円
  • 時間:9~17時(16時30分閉門)
  • 休み:無休
  • URL:https://www.jojakko-ji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

直指庵(京都府/京都市右京区)

直指庵

直指庵

大覚寺から北へ少し足を延ばした所にある浄土宗のお寺。江戸時代初期に結ばれた草庵が荒廃していたのを、幕末に近衛家の老女村岡局が再興した。境内は四季折々の花が楽しめ、静けさの中で人々の心が癒される寺として知られる。仏前に置かれたノート『想い出草』には、訪れる人々の恋や仕事などの悩み、迷いがびっしりと綴られている。境内には、このノートにちなんで想い出草観音像も祭られている。紅葉は秋の深まりとともに黄色から朱、そして燃えるような深紅へと色を変える。散紅葉は、一面に赤い絨毯を敷き詰めたようで美しい。趣の異なった景色を長く味わうことができる。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月下旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:本堂縁側から眺める(開山堂からの眺めが絶景)
  • <基本情報>
  • 料金:大人500円、小・中・高校生400円
  • 時間:9~16時(11月中旬~12月上旬は~16時30分)
  • 休み:不定休、臨時宗教式典、台風、大雨の際は時間変更、もしくは休観の場合あり
  • URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~jikisian/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

二尊院(京都府/京都市右京区)

二尊院

釈迦如来立像(重要文化財)と阿弥陀如来立像(重要文化財)の2像を本尊とすることから、二尊院と呼ばれる。平安時代初期に嵯峨天皇が慈覚大師を開祖に建立。法然が庵を結び、弟子の湛空が再興した。常寂光寺と同じく、ここも藤原定家の山荘「時雨亭」[しぐれてい]があったとされる。秋は紅葉馬場と呼ばれる長い参道の紅葉が特に美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:10月下旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:参道を歩く、庭の散策
  • <基本情報>
  • 料金:拝観500円、30名以上の団体は1人300円
  • 時間:9時~16時30分
  • 休み:無休
  • URL:http://nisonin.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

滝口寺(京都府/京都市右京区)

滝口寺

『平家物語』の遺跡として昭和になって再建された寺。平重盛に仕え、宮中の滝口の侍になった斎藤時頼は、建礼門院に仕える横笛との結婚を望むが父に反対され、落胆のあまり出家、滝口入道と呼ばれた。それを知って訪れた横笛に会おうとはせず、高野山に入ったという。本堂に悲恋の2人の木像があり、参道には横笛の歌碑が立つ。紅葉時はもみじが美しい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬
  • 主な標高:約100m
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • おすすめ紅葉観賞方法:建物の中から庭を見る
  • <基本情報>
  • 料金:拝観料300円
  • 時間:9~17時
  • 休み:無休

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

あだし野念仏寺(京都府/京都市右京区)

あだし野念仏寺

化野と呼ばれるこの一帯は、かつて亡骸を捨てる風葬の地だった。寺の起こりは弘法大師がこの地に葬られた死者の菩提を弔うために寺を建てたことによる。のちに法然上人が念仏道場に改め、念仏寺と称した。境内には、釈迦の説法に耳を傾ける人々の姿になぞらえて、無縁仏となった8000体もの石仏や石塔が並ぶ。紅葉は石仏とのコントラストがよりいっそう無常を感じさせる。※平成29年(2017)12月~2019年8月頃まで改修のため境内の一部が立ち入り禁止。詳しくは要問合せ。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジ
  • <基本情報>
  • 料金:拝観500円
  • 時間:9時~16時30分(季節変動あり)
  • 休み:不定休(気象などにより臨時休観あり)
  • URL:http://www.nenbutsuji.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

清凉寺(京都府/京都市右京区)

清凉寺

『源氏物語』の主人公光源氏のモデルとされる源融[みなもとのとおる]の山荘跡に阿弥陀堂を建てたのが始まり。嵯峨釈迦堂とも呼ばれる古刹。清凉寺式といわれる本尊の釈迦如来像(国宝)は、東大寺の僧、ちょう然が宋から招来したと伝える。目には黒水晶、耳に水晶をはめ込み、縄状の髪で、胎内には絹製の五臓六腑や経巻が納められた特異な様式。毎月8日11時以降と4・5月、10・11月は開帳期間中であり、本尊の拝観が可能。紅葉の頃は特に多宝塔の周りが見事。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:10月下旬~11月下旬
  • 主な標高:不明
  • 主な紅葉樹種:モミジなど
  • おすすめ紅葉観賞方法:本堂からの渡り廊下から境内を眺める
  • <基本情報>
  • 料金:本堂・庭園拝観400円
  • 時間:9~16時(4・5・10・11月は~17時)
  • 休み:無休

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

保津峡…1件

保津峡(京都府/京都市右京区)

保津峡

(C)一般社団法人亀岡市観光協会

亀岡から京都・嵐山までの保津川沿い、約16kmの渓谷。保津川は、慶長11年(1606)京都の豪商・角倉了以[すみのくらりょうい]が、丹波から京へ木材・薪炭などを運搬する運河として開削したもの。明治末ごろからは船下りが人気を集めるようになり、夏目漱石も乗船している。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の渓谷美を楽しめる。紅葉を楽しむには保津川下りや嵯峨野トロッコ列車がおすすめ。トロッコ沿線のライトアップは平成30年(2018)10月中旬~12月初旬の予定。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~12月上旬
  • 主な紅葉樹種:モミジほか
  • おすすめ紅葉観賞方法:保津川下り、嵯峨野トロッコ列車からの眺め
  • <ライトアップ>
  • 期間:2018年10月中旬~12月初旬予定(トロッコ沿線のみ)
  • 時間:17時頃~18時頃
  • <基本情報>
  • 料金:無料(保津川下りは4100円、嵯峨野トロッコ列車は620円)
  • 時間:散策自由(保津川下りは9時~15時30分、嵯峨野トロッコ列車は亀岡発9時29分~16時29分)※紅葉期間は延長あり、詳細は要問合せ)
  • 休み:散策自由(保津川下りは無休、トロッコ列車は水曜、紅葉期間は無休)

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

高雄周辺…3件

三尾(高雄・槇尾・栂尾)(京都府/京都市右京区)

No Image

清滝川に沿った高雄・槇尾・栂尾の総称。京洛随一の紅葉名所であり、神護寺の石段を上った金堂付近や、深い谷の錦雲峡の眺めは最高。国宝『鳥獣戯画』で有名な高山寺や西明寺は、木々に囲まれ紅葉期でも比較的静かである。神護寺では大師堂特別公開(2018年11月1~7日の9~16時、入山料の他に別途500円が必要)を実施する。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:200m
  • 主な紅葉樹種:イロハカエデ
  • <基本情報>
  • 料金:大人600円、小学生300円
  • 時間:9~16時
  • 休み:無休

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

神護寺(京都府/京都市右京区)

神護寺

開基は和気清麻呂。のちに唐から帰朝した空海も住持を務めた。その後荒廃したが、平安末期に文覚上人[もんがくしょうにん]が後白河法皇、源頼朝の寄進を受け復興させた。仏教美術の宝庫として知られ、金堂の本尊薬師如来立像(国宝)は、唇と眼だけに彩色を施した、厳しい表情の榧の一木造で、貞観時代の密教彫刻の傑作。多宝塔の本尊五大虚空蔵菩薩坐像(国宝)は、乾漆で全身彩色され女性的な優しさを漂わせる。地蔵院前庭からは眼下の錦雲渓に向け、かわらけ投げを楽しめる。少し早い時期の紅葉を見るのもよい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月上旬~下旬
  • 主な標高:300m
  • 主な紅葉樹種:カエデ、イロハモミジなど
  • おすすめ紅葉観賞方法:京都市内では早くから紅葉が始まる寺
  • <基本情報>
  • 料金:拝観大人600円、小学生300円
  • 時間:9~16時
  • 休み:無休
  • URL:http://www.jingoji.or.jp/

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

錦雲渓(京都府/京都市右京区)

錦雲渓

清滝川渓谷は紅葉の名所として知られ、清滝を起点に高雄までは錦雲渓、下流の落合までは金鈴峡と呼ばれている。整備された川沿いの道は東海自然歩道に指定され、ハイキングコースとして親しまれている。錦雲渓は約3km(約1時間)で、紅葉のほかにサクラやフジ、新緑などが楽しめる。東海自然歩道のコースなので、高雄→錦雲渓→清滝→金鈴峡→保津峡と歩くのがよい。

  • <紅葉・もみじ狩り情報>
  • 見頃の時期:11月中旬~下旬
  • 主な紅葉樹種:カエデ
  • <基本情報>
  • 料金:無料
  • 時間:散策自由
  • 休み:散策自由

» アクセス・TEL・MAPなど基本情報

  • 掲載の情報は予告なく変更になる場合がありますので、おでかけ前にご確認ください

るるぶダイニングのおすすめ特集

るるぶダイニング特集 京都紅葉スポット近くのレストラン

るるぶトラベルのおすすめ特集

るるぶトラベル 紅葉旅行 ホテル予約はこちら
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • mini_minor mini_minor
  • Masa Masa
  • 山田茜 山田茜
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ