オトナ女子が通ってる!?金沢城下町にあるこだわり素材の焼鳥専門店

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
石川県 食・グルメ 焼き鳥
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

お酒と焼鳥の相性って最高~!…ですが、“専門店”となると煙たくてガヤガヤした居酒屋系も多くて、女子会にはちょっと勇気がいりますよね。そこで今回は、“超正統派なのに女子ファンで賑わっている”と話題の焼鳥屋、「松葉ともみじ」を紹介します!

Summary

金沢を代表するディープな歓楽街の入口に!

2018年1月にオープンした「松葉ともみじ」は、金沢の焼鳥店「鳥珍や」を7店舗にまでチェーン展開させた若き経営者・和田知晃さんが、「昔のように焼鳥を自分の手で丁寧に焼きたい」と思い立ち、別ブランドとしてオープンさせたプチ高級志向の焼鳥専門店です。

この小さなお店は、日本最古の商店街とも言われる「片町」のど真ん中でディープな路地裏感を出す歓楽街「新天地商店街」入口にあります。名店「あずま寿し」跡といえば、金沢の人は大体わかるでしょう。

部位で仕入れ先を変える、焼師厳選セットはマスト!

紀州備長炭で焼く「焼鳥」を「絶対に食べてほしい」との思いから、まずはお通し付きの「焼師厳選の焼鳥セット」のオーダーを“決まり事”としています。

こちらは5本1728円~で、あとは単品で追加するスタイルで楽しめます。

こちらは5本1728円~で、あとは単品で追加するスタイルで楽しめます。

焼き上げる鶏肉は部位ごとに仕入れ先を変えていて、「丹波地鶏」「水郷赤鶏」「博多地鶏」を使い分け。素材に関しては地元産にはこだわらず、「金沢に美味しい焼鳥を」という思いで、全国から最良の素材を集めています。

ここまで正統派な焼鳥店なら「選べるお酒も日本酒や焼酎ばかり?」とも思えますが、「つぶつぶみかんカシス」(648円)などカラフルな“和”カクテルも用意されています。

しかも、いざ会計をしてみると、意外にもお財布に優しく…これはなにより訪れやすいポイントですね。

雅でカジュアルな空間はオール特等席!

「城下町・金沢に似合う焼鳥店があったらいいな…」と、華やかなレトロ感を突き詰めた結果、「7割が女性客になりました」と和田店主は笑います。

ガヤガヤと楽しい「鳥珍や」とはまた違う角度で、“専門店”としての評判が広がっている様子です。

仲間との会話をメインにするなら、小窓から厨房にオーダーする小上がりの奥座敷もありますが、10席限定のカウンターが特等席!気さくながら、シャイな一面も併せ持つ和田店主との会話も楽しいですよ!

■松葉ともみじ
住所:石川県金沢市片町2-5-8 新天地商店街入口
TEL:076-222-7779
営業時間:17時30分~22時
定休日:日曜

Text&Photo:「週末、金沢。」編集部

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • 絶景travelers 絶景travelers
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 東原妙子 東原妙子
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ