除夜の鐘(立石寺鐘楼堂) じょやのかね りっしゃくじしょうろうどう イベント

山形県 節句・年中行事

貞観2年(860)比叡山延暦寺の別院として慈覚大師(円仁)により創建された天台宗の古刹。別名・山寺とも呼ばれ、松尾芭蕉の俳句でも知られる。ふもとの根本中堂から奥の院の如法堂までの、1100段の石段を上って参拝。鐘は招福の鐘としても知られる。除夜の鐘は12月31日23時45分からで、12月31日の23時頃から鐘楼堂の入口に行列ができる。一般の参加も可。

基本情報(除夜の鐘)

開催期間 2018年12月31日(月)
時間 23時45分~翌3時頃
開催地 立石寺鐘楼堂
一般参加 一般参加可/鐘つき料:無料
鐘をつける人の数 人数制限なし
昨年の来場者数 約1万人(1月1~3日)
住所 山形県山形市山寺4456-1
TEL 023-695-2816(山寺観光案内所)
料金 料金:無料
アクセス 公共交通:JR山寺駅→徒歩7分(山寺登山口)
車:山形道山形北ICから国道13号経由8km15分
駐車場 なし/門前商店街の有料駐車場を利用、1回500円

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

除夜の鐘(立石寺鐘楼堂)

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

「除夜の鐘(立石寺鐘楼堂)」を紹介している記事

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ