除夜の鐘(唐招提寺) じょやのかね とうしょうだいじ イベント

奈良県 節句・年中行事

聖武天皇の招きに応じ、苦難の末、日本にやってきた唐の高僧、鑑真[がんじん]和上が天平宝字3年(759)に戒壇を設け、私立学問所を開いたのが起こり。成り立ちはつましいが、最も天平の香りを残す寺として名高い。1年間の厄を祓い、来る新年の幸福を祈るべく鐘をつく。整理券は23時15分から配布され、108名がつくことができる。

基本情報(除夜の鐘)

開催期間 2018年12月31日(月)
時間 23時40分~
開催地 唐招提寺
一般参加 一般参加可。整理券を持っている人のみ。/鐘つき料:無料
鐘をつける人の数 108人
住所 奈良県奈良市五条町13-46
TEL 0742-33-7900
料金 料金:無料
アクセス 公共交通:近鉄西ノ京駅→徒歩10分
駐車場 あり/140台/1回500円、12月31日23時~1月1日2時は無料

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

除夜の鐘(唐招提寺)

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ