毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

常盤八幡宮年縄奉納行事 ときわはちまんぐうとしなほうのうぎょうじ イベント

青森県 行列・パレード

毎年元日の朝に行われる、新年の五穀豊穣や家内安全を祈願する常盤地区に伝わる伝統行事。長さ30.3m、幅2.3m、重さ400kgもある巨大な年縄[としな]を常盤八幡宮に奉納する。厳寒の中、水ごりをして身を清めた締め込み1本姿の男衆が、巨大な年縄や福俵を肩にかつぎ、「サイギ、サイギー」の掛け声を町内に響かせながら、常盤八幡宮を目指す。この神聖な行事は、寛文4年(1664)から続くとされ、約350年以上の歴史を誇る。

基本情報

開催期間 2019年1月1日(火・祝)
開催地 常盤八幡宮
昨年の来場者数 200人
住所 青森県南津軽郡藤崎町常盤地区
TEL 0172-65-2959(藤崎町常盤地区コミュニティ協議会)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR北常盤駅→徒歩5分
車:東北道浪岡ICから国道7号経由13km15分
駐車場 なし/近隣の駐車場を利用
文化財情報(イベント) 藤崎町指定無形民俗文化財[常盤八幡宮年縄奉納行事]

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

常盤八幡宮年縄奉納行事

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ