毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

大田原藩主墓前祭(城鍬舞) おおたわらはんしゅぼせんさい しろくわまい イベント

栃木県 伝統芸能・舞踊

大田原氏の菩提寺である光真寺は、天文14年(1545)、大田原備前守資清が創建した寺院。歴代藩主の墓前祭の後、城鍬舞[しろくわまい]が奉納される。天文年間、大田原資清は築城にあたり、領内6か村の農民に工役させ、竣工すると彼らに酒饌をふるまった。その時、石神村(上石上)の農民藤兵衛が、酔いに乗じて手にしていた鋤鍬を持って舞いだし、同席の各々も鍬を叩いて囃した姿が非常に面白かったため、城主資清の興をひいた。これが城鍬舞の始まりといわれている。

基本情報

開催期間 2019年2月23日(土)~2月24日(日)
開催地 光真寺
昨年の来場者数 1000人
住所 栃木県大田原市山の手2-11-14
TEL 0287-22-2033(光真寺)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR那須塩原駅→バス20分、バス停:大田原市山の手下車、徒歩3分
車:東北道西那須野塩原ICから国道400号経由10km20分
駐車場 あり/100台/無料
文化財情報(イベント) 県指定無形民俗文化財[城鍬舞]

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

大田原藩主墓前祭(城鍬舞)

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ