洞爺湖温泉 とうやこおんせん 温泉地

北海道

湯量の豊富さ、ホテル・旅館の数で北海道有数の規模を誇り、年間約300万人を超える観光客が訪れる温泉郷。明治43年(1910)、有珠山の寄生火山である四十三山の噴火活動によって温泉が湧き出し、大正6年(1917)に開湯した。湖畔に宿泊施設が14軒も立ち並び、周囲43kmもある洞爺湖を望みながら入浴できる露天風呂を持つ宿も多い。“蝦夷富士”と呼ばれる羊蹄山、今なお白い噴煙を上げる昭和新山など、風光の地が周辺に多いのも魅力。平成20年(2008)には、北海道洞爺湖サミットも開かれた。平成21年(2009)には、洞爺湖有珠山が日本初の世界ジオパークにも認定された。

基本情報

住所 北海道洞爺湖町洞爺湖温泉
TEL 0142-75-2446(洞爺湖温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉行きで20分、バス停:洞爺湖バスターミナルなどで下車
車:道央道虻田洞爺湖ICから国道230号経由5km
温泉固有情報 泉温:50.3℃など
源泉:11
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、胃腸病、打ち身、ねんざ、皮ふ乾燥症、切り傷、糖尿病、呼吸器疾患、末梢循環障害、うつ状態など
宿泊施設数:14
日帰り温泉施設数:なし
湯量:1410リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

洞爺湖温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ