天人峡温泉 てんにんきょうおんせん 温泉地

北海道

大雪国立公園内の忠別川に沿って切り立った渓谷に、「天人閣」と「御やど しきしま」の2軒の宿がある温泉地。ともに効能豊かな温泉を源泉かけ流しで使用している。2軒とも日帰り入浴も受けているので、気軽に訪ねたい。温泉街には、柱状節理の渓谷を眺めながら浸かれる足湯「天女の湯」もある。道内一の落差を誇る羽衣の滝への遊歩道は、自然災害の影響で復旧工事中。一日も早い再開が待たれる(復旧状況の確認はひがしかわ観光協会へ)。

基本情報

住所 北海道上川郡東川町天人峡
TEL 0166-82-3761(ひがしかわ観光協会)
アクセス 公共交通:JR旭川駅から車で1時間
車:道央道旭川北ICから道道37号・1160号・213号経由45km
温泉固有情報 泉温:43.5~54℃
源泉:不明
泉質:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、胃腸病、打ち身、慢性皮ふ病、切り傷、やけど、糖尿病、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:なし
湯量:不明
飲用:一部可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

天人峡温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ