川湯温泉 かわゆおんせん 温泉地

北海道

阿寒国立公園内の、屈斜路湖の東、摩周湖の西に位置する川湯温泉は、今も活動を続ける硫黄山を泉源とし、源泉の多さと豊富な湯量を誇る。8軒の宿泊施設と共同浴場が1カ所あり、道東では大きな温泉地だ。日本全国でもトップクラスの人気を誇る名湯、群馬県草津温泉と同じ泉質をもち、古くから万病に効くといわれ、幅広い効能が人気の理由となっている。マイナス20℃を超えると、空気中の水分が凍って氷晶となることによって生じるダイヤモンドダスト現象が観測できることでも知られている。

基本情報

住所 北海道川上郡弟子屈町川湯温泉
TEL 015-483-2670(川湯温泉観光案内所)
アクセス 公共交通:JR川湯温泉駅から阿寒バス川湯温泉行きで10分、バス停:終点下車
車:道東道阿寒ICから国道240号・241号経由100km
温泉固有情報 泉温:44~55℃
源泉:不明
泉質:酸性硫黄泉ほか
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、慢性皮ふ病、糖尿病、高血圧、切り傷、呼吸器疾患、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:8
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

川湯温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ