毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

湯村温泉 ゆむらおんせん 温泉地

山梨県

JR甲府駅の北西約4km、昇仙峡へ向かう途中、湯村山麓に湧く。大同3年(808)に弘法大師が開湯したと伝わる、歴史のある温泉だ。戦国時代には、武田信玄が負傷した兵の傷を治療させたといわれ、信玄の隠し湯としても知られる。温泉街は、大型リゾートホテルや老舗の高級旅館、気軽に利用できるB&Bタイプなど、幅広い宿泊施設を備えている。また、太宰治や井伏鱒二などの文豪に愛された湯でもある。湯村温泉に宿泊すれば、他の宿の風呂にも1カ所500円で入浴できる湯巡り手形も発行されている。

基本情報

住所 山梨県甲府市湯村
TEL 055-252-2261(湯村温泉旅館協同組合)
アクセス アクセス(公共交通):JR甲府駅から山梨交通バス敷島・昇仙峡行きで15分、バス停:湯村温泉入口下車
アクセス(車):中央道甲府昭和ICから県道5号・7号・6号経由5km
温泉固有情報 泉温:40~46℃
源泉:10
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、慢性婦人病、痔疾など
宿泊施設数:12
日帰り温泉施設数:なし
足湯の数:
湯量:830リットル/分
飲用:一部可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯村温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ