扉温泉 とびらおんせん 温泉地

長野県

松本市街の東、美ヶ原高原の南西麓の標高1050mの薄川上流域に湧く静かないで湯。胃腸病に効くことで名高く、「東の扉、西の白骨」と称され、消化器系疾患によい信州の名湯として知られてきた。宿泊施設は、世界の上質なホテルやレストランが加盟する「ルレ・エ・シャトー協会」の会員にもなった「明神館」という評判の宿がある。客室の癒し風呂や半露天風呂が充実し、温泉三昧が楽しめる。日帰り入浴施設は、露天風呂も併設の「檜の湯」がある。

基本情報

住所 長野県松本市入山辺
TEL 0263-32-2814(松本市観光案内所)
0263-31-2301(明神館)
アクセス 公共交通:JR松本駅から車で30分
車:長野道松本ICから国道158号・143号、県道67号経由17km
温泉固有情報 泉温:29~42℃
源泉:2
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、関節痛、筋肉痛、疲労回復、五十肩、打ち身、胃腸病、慢性婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

扉温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ