毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

南紀白浜温泉 なんきしらはまおんせん 温泉地

和歌山県

白浜温泉は有馬、道後と並び日本三古湯として名高い歴史ある名湯。太平洋に突出した半島先端の海辺に湧いた湯は、万葉の時代から人々に親しまれ、1350年余りもの伝統を誇る。古くは牟婁の湯と呼ばれ、斉明天皇や天智天皇をはじめ多くの官人が行幸した温泉で、現在はリゾート気分満載のレジャー温泉地として毎年300万人以上の観光客が訪れる。宿は高級旅館・ホテルから民宿まで150軒以上があるので、予算や目的にあわせて選びたい。また、「崎の湯」や「草原の湯」など、日帰り入浴施設も多い。白砂が美しい白良浜海水浴場や点在するレジャー施設、南紀の極上の海の幸と温泉を満喫したい。

基本情報

住所 和歌山県西牟婁郡白浜町
TEL 0739-43-5511(白浜観光協会)
0739-42-2215(白浜温泉旅館協同組合)
アクセス アクセス(公共交通):JR白浜駅下車
アクセス(車):阪和道南紀白浜ICから県道34号経由10km
温泉固有情報 泉温:40~83℃
源泉:55
泉質:ナトリウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、胃腸病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:160
日帰り温泉施設数:12
足湯の数:
湯量:6000リットル/分
飲用:不可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

南紀白浜温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ