二日市温泉 ふつかいちおんせん 温泉地

福岡県

万葉集にも詠まれた1350年もの長い歴史を誇る温泉。万葉の頃は大伴旅人や、山上憶良、近代では夏目漱石や高濱虚子など、数多くの文人墨客が湯治に訪れたという。江戸時代には黒田藩御用達の温泉だった。リーズナブルな公衆浴場「博多湯」「御前湯」もある。慶応元年(1865)創業の老舗宿「大丸別荘」は、約3500坪もある日本庭園を有し、皇室をはじめ著名人の利用も多い。高級旅館、温泉のあるビジネスホテルなど、約8軒の宿泊施設が温泉街に点在する。

基本情報

住所 福岡県筑紫野市湯町
TEL 092-922-2421(筑紫野市観光協会)
アクセス 公共交通:JR二日市駅から車で5分
車:九州道筑紫野ICから県道31号経由2km
温泉固有情報 泉温:54℃など
源泉:不明
泉質:アルカリ性単純温泉、放射能泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、切り傷、やけど、打ち身、慢性消化器病、痔疾など
宿泊施設数:8
日帰り温泉施設数:2
湯量:施設によって異なる
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

二日市温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ