最勝院五重塔 さいしょういんごじゅうのとう

津軽藩が津軽統一の過程で戦死した人々を敵・味方の分け隔てなく供養するため、寛文6年(1666)に建立したもの。高さ31.2m。重要文化財の五重塔で指定説明には「実ニ東北地方第一ノ美塔ナリ」とあり、姿の美しい塔として有名である。

初詣情報

初詣情報 1月1日0時~2時30分頃まで、参拝者多数につき参拝方向の規制あり。1月1日中は待ち時間あり。暖をとるストーブスペースあり。暖かめの服装で。
所在地 青森県弘前市銅屋町63
ご利益 学業・就職などのすべての合格、良縁成就、夫婦和合
宗派・ご本尊 真言宗智山派/大日如来※秘仏:文殊菩薩、如意輪観音、歓喜天、牛頭天王
初詣行事 ●修正会/2019年1月1日0時~0時30分/本堂にて●元朝祈願/2019年1月1日0時30分頃~(修正会終了後)/護摩堂にて、約10万人訪れる参拝者の諸願成就を祈る
混雑時間 1月1日の0~3時
問合先 0172-34-1123
料金 境内無料
交通 交通情報:JR弘前駅→弘南バス新寺町方面行きで12分、バス停:弘前高校前下車、徒歩3分。または車6分/車:東北道大鰐弘前ICから国道7号経由10km20分
駐車場 あり/5台/参拝者優先のため12月31日~1月3日までは境内車輛進入禁止。近場の有料駐車場を利用

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

最勝院五重塔

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ