仙台東照宮 せんだいとうしょうぐう

承応3年(1654)、御祭神徳川家康公を伊達家の守護神としてお祀りするため、二代藩主・忠宗公が諸国から良材を集めて建立。本殿・唐門・透塀・鳥居・随身門が国の重要文化財、手水舎が県の重要文化財に指定されている。毎月第4日曜には、境内参道に骨董市が立つ。

初詣情報

初詣情報 お守等の授与・ご祈祷は、1月1日は0時~17時30分、2日以降は9時~16時30分まで。
所在地 宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
ご利益 家内安全、社内安全、商売繁昌、厄祓、交通安全、合格、学業成就、健康、心願成就など
祭神 徳川家康公
初詣行事 歳旦祭/2019年1月1日8時
混雑時間 1月1日は0~2時、10~17時
問合先 022-234-3247
料金 境内自由
交通 交通情報:JR東照宮駅→徒歩3分/車:東北道仙台宮城ICから国道48号経由5km20分
駐車場 あり/100台/年末年始は近隣の小・中学校を利用可。詳しくは公式サイト等で問合せを

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

仙台東照宮

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ