唐桑半島 からくわはんとう スポット

宮城県 岬・海岸・断崖

気仙沼湾の東、太平洋に細長く突き出た長さ約20kmの半島。三陸復興国立公園に指定された半島の海岸線は入り組んだリアス式海岸で、特に東側の海岸線には海食による奇勝が多く、巨釜半造の折石は唐桑のシンボル的存在だ。半島先端の御崎周辺には、御崎灯台や御崎神社、ビジターセンター、津波体験館などの観光スポットが点在。巨釜半造から御崎にかけて御崎欠浜遊歩道も整備され、6月にはニッコウキスゲと青い海の景観を楽しみながら歩くことができる。唐桑町観光協会では、カキやホタテの作業体験、はっと作りや津波体験語り部など20以上さまざまな体験も紹介している。

基本情報

住所 宮城県気仙沼市唐桑町
TEL 0226-32-4527(気仙沼市唐桑総合支所 産業課)
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR気仙沼駅→徒歩8分のバス停:化粧坂→ミヤコーバス御崎行きで34分、バス停:巨釜半造入口下車、徒歩15分、終点の御崎までは49分、下車後徒歩3分
車:東北道一関ICから国道284号経由1時間30分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

唐桑半島

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ