鹿島神宮 かしまじんぐう

皇紀元年(紀元前660)創祀と伝えられる、常陸国一の宮で、国指定の史跡。水戸藩初代藩主・徳川頼房[とくがわよりふさ]が奉納した鮮やかな朱色の楼門は、熊本県阿蘇神社、福岡県筥崎宮[はこざきぐう]と並ぶ日本三大楼門の一つ。その先には本殿、拝殿(いずれも重要文化財)などが厳かに鎮座している。禊[みそぎ]の場として有名な御手洗池のそばには、名物のみたらしだんごを売る茶店が並び一服できる。

初詣情報

初詣情報 札所1月1日は0~19時、2日以降は8~17時。
所在地 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
ご利益 武道上達、厄除け祈願、開運招福、出世開運、勝利祈願、無病息災
祭神 武甕槌大神
初詣行事 ●歳旦祭/2019年1月1日6時●元始祭/2019年1月3日10時●白馬祭/2019年1月7日18時
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0299-82-1209
料金 境内自由(ただし、宝物館は長期休業中。詳細は公式サイト要確認)
交通 交通情報:JR鹿島神宮駅→徒歩10分
駐車場 あり/115台/1時間300円、臨時駐車場330台/12月31日~1月3日までは閉鎖。1月4~7日(予定)までは特別料金。近隣に有料駐車場あり

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鹿島神宮

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ