毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

一番街の蔵造りの町並み いちばんがいのくらづくりのまちなみ 観光スポット

埼玉県 繁華街・町並み・散歩道・歴史的建造物
ベビーおすすめ キッズおすすめ 女子おすすめ 歴史好きおすすめ

一番街の蔵造りの町並みが形成されたのは、江戸時代ではなく明治時代のこと。明治26年(1893)の川越大火により、町を建て直す際に耐火建築である蔵造りが採用されたためだ。盗難や火災から守る蔵造りは堅牢で、今も30数棟が残る。バス停:札の辻近くに立つ大沢家住宅は大火を免れた江戸時代の建築で、川越の蔵造りとしては唯一の国の重要文化財。川越市蔵造り資料館、山崎美術館、原家(ヤマワ)、宮岡家(マチカン)、小谷野家(フカゼン)など一番街の町並み全体が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。中央に立つ埼玉りそな銀行の古い洋館や時の鐘とマッチして、独特の雰囲気を作り出している。

基本情報

住所 埼玉県川越市
TEL 049-222-5556(川越駅観光案内所)
営業時間 営業時間:散策自由
定休日 定休日:散策自由
料金 料金:散策自由
アクセス アクセス(公共交通):JR川越駅・東武鉄道川越駅→東武バス神明町車庫行きで10分、バス停:札の辻下車、徒歩3分。または西武鉄道本川越駅→徒歩20分
アクセス(車):関越道川越ICから国道16号経由4km15分
駐車場 なし

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

一番街の蔵造りの町並み

Sponsored

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ