毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

成田山新勝寺 なりたさんしんしょうじ

天慶3年(940)、宇多天皇の孫にあたる寛朝[かんちょう]大僧正により開山された、真言宗智山派の大本山。全国8カ寺の別院や末寺などを有する。本尊は弘法大師開眼の不動明王像と伝えられ、江戸期から「成田のお不動様」とよばれ親しまれてきた。約20万平方mの広大な境内には、額堂や光明堂、釈迦堂、仁王門、三重塔(すべて重要文化財)が点在。現在の大本堂をはじめ、前本堂の釈迦堂、旧本堂の光明堂を巡れば、寺の発展の歴史をたどることができる。平成30年(2018)に開基1080年を迎えた。

初詣情報

初詣情報 1月1日0時より、新しき年の無事平安を祈願する「元朝大護摩供」が厳修される。
所在地 千葉県成田市成田1
ご利益 交通安全、家内安全、商売繁昌、厄難消除、災難消除など
祭神 御本尊不動明王
宗派・ご本尊 真言宗智山派
初詣行事 ●七草御印紋[ななくさごいんもん]/2019年1月7日8~16時/大本堂にて、お不動さまの御姿を表す梵字が刻まれた朱印を額に押し、無病息災・身体健全・学業成就を祈念する成田山の伝統行事●覚鑁忌法要[かくばんきほうよう]/2019年1月12日/開山堂にて真言宗中興の祖と仰がれる、興教大師[こうぎょうだいし]覚鑁上人の命日法要●大般若会/2019年1月8日/清瀧権現堂にて、仏教の思想に基づいた仏陀の説法を記録した『大般若経』600巻を、転読という方法で読み上げ、天下泰平・万民豊楽・五穀豊穣・息災延命を祈祷する行事
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0476-22-2111
料金 境内自由
交通 交通情報:JR成田駅・京成成田駅→徒歩10分/車:東関東道成田ICから国道295号経由4km10分
駐車場 なし/周辺に民間・市営駐車場あり、1日800円、1200台/初詣期間中は混雑するため公共交通機関の利用がおすすめ。交通規制があるが周辺に民間・市営駐車場あり

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

成田山新勝寺

一緒に訪れたいスポット

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ