東慶寺 とうけいじ

弘安8年(1285)、北条時宗の妻・覚山尼[かくさんに]が創建した臨済宗の寺。「妻が寺に駆込んで足掛け3年の寺入り生活をすれば離縁できる」という縁切寺法により、「駆込み寺」「縁切寺」として知られるようになった。歴代の住職には後醍醐天皇の皇女用堂尼、豊臣秀頼の娘天秀尼といった名門出身の尼僧が多く、松ケ岡御所と称されるほど格式も高かった。明治4年(1871)に寺法が廃され、明治36年(1903)に男僧寺となった。紅葉の見ごろは11月下旬~12月下旬。本堂前のモミジ、宝蔵脇のイチョウなど。

紅葉情報(見頃・アクセス等について)

見頃の時期 11月下旬~12月下旬
主な樹種 モミジ、イチョウ
標高 不明
所在地 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
問合先 0467-22-1663
料金 拝観大人200円、小・中学生100円
時間 8時30分~16時30分(10~3月は~16時)
休み 拝観自由
交通 交通情報:北鎌倉駅→徒歩4分/車:横浜横須賀道路朝比奈ICから県道204号経由6.7km20分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

東慶寺

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください