毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

称名滝 しょうみょうだき 観光スポット

富山県 川・滝・湧水・渓谷/紅葉スポット
女子おすすめ 夏におすすめ 秋におすすめ

日本一の落差を誇る滝で、国の名勝・天然記念物。落差は350mで、上から70m、58m、96m、126mと4段に分かれている。エメラルドグリーンの水をたたえる滝壺は深さ6m、直径60m。この巨大な滝の豊富な水は弥陀ケ原から流れてくるもので、雪がとける春から初夏の頃が最も多くなる。立山を訪れていた法然[ほうねん]上人が迫力満点の滝の轟音のなかに、「南無阿弥陀仏」という称名念仏を聞いたことから、称名滝と名付けられたという。平成24年(2012)には、立山弥陀ケ原・大日平がラムサール条約湿地に登録された。

基本情報

住所 富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林
TEL 076-462-1001(立山町観光協会)
営業時間 営業時間:ゲート開門7~18時(7・8月は6~19時)
定休日 定休日:散策自由、11月上旬~4月下旬は通行止め(積雪により異なる)
料金 料金:見学自由
アクセス アクセス(公共交通):富山地鉄立山駅→立山黒部貫光バス称名滝行きで15分、終点下車、徒歩30分
アクセス(車):北陸道立山ICから県道6号経由32km1時間30分
駐車場 あり/250台/無料

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

称名滝

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ