新境川堤 しんさかいがわつつみ

昭和5年(1930)に濃尾平野北部、各務原[かかみがはら]を縦断する境川の放水路が完成した際、両堤に桜が植樹されたのが始まり。この桜は地元出身の歌舞伎役者・市川百十郎が寄贈したもので、住民とともに植樹した。現在ソメイヨシノ約1200本が咲き誇る。

桜・お花見情報

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 約1200本
桜の種類 ソメイヨシノ
桜祭り あり/第43回各務原市桜まつり 20万人の広場/2019年4月6日(土)~4月7日(日)
夜桜・ライトアップ あり/2019年3月下旬~4月上旬※桜の開花状況により変動あり/日没~21時(予定)
所在地 岐阜県各務原市那加門前町周辺
問合先 058-383-9925/各務原市産業活力部観光交流課
料金 無料
交通 交通情報:名鉄市民公園前駅→徒歩すぐ/車:東海北陸道岐阜各務原ICから国道21号経由4km10分
駐車場 あり/500台/有料/臨時駐車場もあり

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

新境川堤

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ