白鳥古墳 しらとりこふん スポット

愛知県 墓地・霊園・墓所・廟所
ちょっと立ち寄り 歴史好きおすすめ

5世紀末頃から6世紀前半頃の前方後円墳で、全長が約70m、前方部幅55m、高さ7m、後方部直径45m、高さ6.5mの大きさ。白鳥となってこの地に戻った、日本武尊[やまとたけるのみこと]の墓といい伝えられている。道路拡幅などのために原型は変化しているが、『尾張名所図絵』によると、天保8年(1837)の台風の際に石室の一角が現れ、直刀[ちょくとう]、鉄鉾、大鈴鏡[だいれいきょう]、轡[くつわ]、子持高坏[こもちたかつき]などの須恵器[すえき]が発見されたと記されている。古墳の入口には、本居宣長の歌碑も立つ。

基本情報

住所 愛知県名古屋市熱田区白鳥1-2
TEL 052-683-9425(熱田区地域力推進室)
料金 見学自由
アクセス 公共交通:名古屋市営地下鉄神宮西駅→徒歩5分
車:名古屋高速六番南出入口(ハーフインター)から4分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

白鳥古墳

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ