源光庵 げんこうあん

開創は臨済宗大徳寺の徹翁国師。元禄7年(1694)に卍山禅師が住持し、曹洞宗に改宗。本堂には「血天井」と呼ばれる伏見城の戦いを今に伝える伏見桃山城の遺構や、「悟りの窓」「迷いの窓」があり、北山を借景にした庭園を望むことができる。窓越しに見る紅葉も趣がある。

紅葉情報

見頃の時期 11月中旬~下旬
主な樹種 モミジ
おすすめ鑑賞法 建物内部より庭園を眺める
所在地 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
問合先 075-492-1858/源光庵
料金 拝観400円(紅葉時期は500円)
時間 9~17時
休み 無休(法要時は拝観停止)
交通 交通情報:京都市営地下鉄北大路駅→市バス北1系統で15分、バス停:鷹峯源光庵前下車、徒歩すぐ/クルマ:名神高速京都南ICから1時間
駐車場 あり/20台/11月駐車場利用禁止。駐車場に関しては要問合せ

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

源光庵

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ