醍醐寺 だいごじ

真言宗醍醐派の総本山で、京都府下最古の木造建築である五重塔がある。一山の総門から仁王門までの間を「桜の馬場」といい、春には道の両脇に植えられた桜並木をはじめ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約1000本の桜が咲き誇る。醍醐寺は、慶長3年(1598)春に、太閤・豊臣秀吉が秀頼、北政所、淀殿など約1300名を従えて「醍醐の花見」を催したことでも有名。

桜・お花見情報

例年の見ごろ 3月下旬~4月上旬
本数 約1000本
桜の種類 ヒガンザクラ、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ
桜祭り あり/豊太閤花見行列/2019年4月14日(日)
夜桜・ライトアップ なし
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
営業・拝観時間 9~17時(12月第1日曜の翌日~2月は~16時)
問合先 075-571-0002
料金 三宝院・伽藍・霊宝館共通1500円、中・高校生1000円。上醍醐600円、中・高校生400円
定休日 無休
交通 交通情報:京都市営地下鉄醍醐駅2番出口→徒歩10分/車:名神高速京都東ICから府道35号経由5km20分
駐車場 あり/100台/有料/1000円(5時間まで、以後30分ごとに100円加算)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

醍醐寺

一緒に訪れたいスポット

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ