毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

道成寺 どうじょうじ 観光スポット

和歌山県 社寺・教会
女子おすすめ 春におすすめ 歴史好きおすすめ

大宝元年(701)建立。和歌山県下に現存する最古の寺。若く美しい安珍に心を奪われた清姫は募る思いから大蛇となり、道成寺の釣鐘に隠れた安珍を炎で燃やし、自らは入水したという伝説が残る。62段の石段を上り、朱塗りの仁王門(重要文化財)をくぐると、正面に本堂(重要文化財)、右手に安珍清姫伝説の鐘楼跡がある。宝仏殿には平安前期作の木造千手観音立像(国宝)や脇侍の日光・月光菩薩像(国宝)をはじめ、数々の文化財を安置。縁起堂では、寺の縁起と安珍清姫伝説の絵とき説法(約20分)も、随時行う。

基本情報

住所 和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738
TEL 0738-22-0543
営業時間 営業時間:絵とき説法は9時~16時30分
定休日 定休日:無休
料金 料金:境内自由(宝仏殿・縁起堂拝観は600円)
アクセス アクセス(公共交通):JR道成寺駅→徒歩5分。またはJR御坊駅→御坊南海バス寒川線などで10分、バス停:道成寺下車、徒歩5分
アクセス(車):湯浅御坊道路川辺ICから10分
駐車場 あり/100台/1回500円
文化財情報(観光) 文化財(観光):重要文化財(建造物)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

道成寺

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ