毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

大寧寺 たいねいじ スポット

山口県 社寺・教会
ちょっと立ち寄り

応永17年(1410)、大内氏の支族の鷲頭弘忠[わしのずひろただ]が創建したと伝わる曹洞宗の古刹で、西の学府として栄えた。しかし天文20年(1551)、陶晴賢[すえはるかた]の謀反にあって山口を追われた大内氏31代義隆がここで自刄し、堂宇を焼失。現在の建物は毛利元就が再建したもので、広い境内に本堂、開山堂、観音堂などが立つ。境内を流れる大寧寺川に架かる盤石橋[ばんじゃくきょう]は、2枚の石盤を大小の石で支えた橋で防長三奇橋のひとつ。本堂裏手の山の中腹には、大内義隆主従の墓がある。

基本情報

住所 山口県長門市深川湯本1074
TEL 0837-25-3469
営業時間 境内自由
定休日 境内自由
料金 境内自由
アクセス 公共交通:JR長門湯本駅→サンデン交通バス下関行きで19分、バス停:大寧寺下車、徒歩すぐ
車:中国道美祢ICから国道316号経由20km30分
駐車場 あり/100台/無料、工事中のため境内駐車場にバス入場不可
文化財情報(観光) 重要文化財(建造物)

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

大寧寺

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ