毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

森鴎外旧居 もりおうがいきゅうきょ スポット

福岡県 歴史的建造物/小説アニメ舞台・ロケ地
歴史好きおすすめ

陸軍第十二師団軍医部長として小倉に赴任した森鴎外が、明治32年(1899)から約1年半を過ごした家。書斎をはじめ、居間や台所など、当時の生活風景を再現している。旧居には代表的な著書や生い立ちを紹介した年譜を展示。ここでアンデルセンの『即興詩人』の翻訳を完成させたほか、小説『鶏』の舞台となった地としても知られ、表庭には小説に登場するキョウチクトウやシロサルスベリが茂る。所要15分。

基本情報

住所 福岡県北九州市小倉北区鍛冶町1-7-2
TEL 093-531-1604
営業時間 10時~16時30分
定休日 月曜(祝日の場合は翌日も休館)、祝日
料金 見学無料
アクセス 公共交通:JR小倉駅→徒歩10分
車:北九州都市高速足立出入口から浅香通り経由1km5分
駐車場 なし

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

森鴎外旧居

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ