亀岡神社 かめおかじんじゃ

明治13年(1880)に平戸城下にあった四社(七郎神社、乙宮神社、八幡神社、霊椿山神社)を合祀してできた神社で、平戸城本丸跡に鎮座する。西海鎮守と称され旧県社。市民の産土神として崇敬を集め、10月の例大祭「平戸くんち」では多彩な行事が行われ、10月26日には国指定重要無形文化財「平戸神楽」の奉納もある。

初詣情報

初詣情報 札所は12月31日~1月1日終日可、2日以降は8~18時。
所在地 長崎県平戸市岩の上町1517
ご利益 学業成就、家内安全、交通安全、海上安全、開運、夫婦和合、縁むすび等
祭神 松浦氏34代神霊、七郎氏広公、志自岐大明神、応神天皇、天照大神
初詣行事 ●歳旦祭/2019年1月1日7時~●新年祝祭/2019年1月3日16時~
混雑時間 1月1~3日は終日混雑
問合先 0950-22-2228
料金 境内自由
交通 交通情報:松浦鉄道たびら平戸口駅→車20分/車:長崎道武雄北方ICから国道204号経由66km1時間30分
駐車場 あり/50台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

亀岡神社

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ