青の洞門 あおのどうもん

青の洞門は、大正8年(1919)、菊池寛の発表した『恩讐の彼方に』の舞台として、一躍有名になった。山国川本流に沿う樋田との間が、錦をまとった、集塊岩の巨峰、奇岩群が約1kmにわたって連なる断崖「競秀峰」であったことから、鎖渡の難所といわれていた。享保のころ当地へきた禅海が、この危険な棧道を見て衝撃を受け、仏者として大誓願をおこし洞門開削工事に取り掛かり、寛延3年(1750)を中心に約30年の歳月をかけて完成した。削道の長さは約342m、うち隧道部分の延長が約144mある。ただし、現在の洞門は、当時からは大きく変化しており、明治40年(1907)には、ほぼ現在の洞門に近い形状で大改修が行われて、旧道は、明り採り窓や洞門の一部を残すのみとなっている。秋には、この競秀峰が色づく。

紅葉情報

見頃の時期 11月中旬
主な樹種 モミジ、イチョウ、ナナカマド、ブナ
標高 200m
おすすめ鑑賞法 競秀峰
所在地 大分県中津市本耶馬渓町曽木
問合先 0979-52-2211/中津市本耶馬渓支所 地域振興課
料金 無料
時間 散策自由
休み 散策自由
交通 交通情報:中津駅→大分交通バス柿坂・日田・豊後森行きで28分、バス停:青の洞門下車、徒歩すぐ/車:東九州道中津ICから国道212号経由14km20分。または大分道日田ICから37km40分
駐車場 あり/80台

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

青の洞門

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください