毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

矢筈城跡 やはずじょうあと スポット

島根県 遺跡・史跡・城址

石見銀山と温泉津[ゆのつ]を結ぶ銀山街道を挟んで矢滝城と対峙するようにあったのが矢筈城。矢滝城と一対となって銀山防備の要衝となっていた。標高480mの山上に築かれた年代は不詳だが、戦国時代には毛利氏や尼子氏の攻防の記録がある。山上の城跡は細長い主郭部と南下の腰曲輪から成り、北側の尾根にも曲輪群があって土塁が残る。国指定史跡で、世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産の1つとなっている。

基本情報

住所 島根県大田市温泉津町西田
TEL 0854-88-9950(大田市観光協会)
営業時間 見学自由
定休日 見学自由
料金 見学自由
アクセス 公共交通:JR仁万駅→車30分で登山口下車、徒歩1時間
車:山陰道江津ICから国道9号、県道31号経由34km1時間10分で冠集落登山口まで
駐車場 なし
文化財情報(観光) 世界遺産(構成資産含む)

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

矢筈城跡

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ