毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

神辺本陣 かんなべほんじん スポット

広島県 歴史的建造物
ちょっと立ち寄り

江戸時代に山陽道の宿駅となり、参勤交代の諸大名が宿泊する本陣が設けられて宿場町となった神辺宿。宿場内には三日市の尾道屋菅波家(西本陣)と七日市の本荘屋菅波家(東本陣)があったが、この「神辺本陣」は西本陣のこと。筑前黒田家専用の本陣だったといい、延享5年(1748)に建てられた屋敷は黒塗りの土塀に囲まれ、屋敷内には御成の間や二の間などが残り、当時の様子を物語っている。屋敷全体は広島県指定史跡、建物は広島県指定重要文化財となっている。

基本情報

住所 広島県福山市神辺町川北527
TEL 084-963-2230(神辺町観光協会)
営業時間 10~16時(土・日曜、祝日のみ。平日は要問合せ)
定休日 不定休(平日の見学は1週間前までに要予約)
料金 見学無料。平日は人数に応じてガイド料が必要。詳細は要問合せ
アクセス 公共交通:JR神辺駅→徒歩10分
車:山陽道福山東ICから国道182号経由5km9分
駐車場 あり/3台

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

神辺本陣

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ