旧長崎大司教館 きゅうながさきだいしきょうかん スポット

長崎県 歴史的建造物/博物館・科学館・資料館

旧羅典神学校と同じく、大浦天主堂敷地内の「大浦天主堂 キリシタン博物館」の施設の1つ。大浦天主堂の建設以前に神父の執務室である司祭館として建てられた。大正4年(1915)にド・ロ神父の設計で、現在の旧長崎大司教館に建替えられた。敷地の高低差を巧みに利用したオランダ積みのレンガ造りで、長崎県指定有形文化財。完成の前年にド・ロ神父が建築現場の足場から転落して死去。「教会建築の名手」といわれた神父の最後の作品となった。見学は3階の「詳覧展示 日本のキリスト教歴史学習室」から。2階では「第三章 概覧展示 キリスト教が繋ぎ伝えてきたもの」として、真鍮踏絵と板踏絵などのキリシタン弾圧関連の展示やド・ロ神父の足跡と功績の紹介がされている。1階にはオリジナル商品「奇跡のカステラ」やグッズなどを販売するミュージアムショップ「PADRE[パードレ]」がある。

基本情報(営業時間・アクセス等について)

住所 長崎県長崎市南山手町5-3 大浦天主堂境内
TEL 095-801-0707(大浦天主堂 キリシタン博物館)
営業時間 大浦天主堂に準ずる。8~18時(大浦天主堂の拝観受付終了は17時30分)
定休日 無休(年末年始は要問合せ)
料金 大浦天主堂:拝観大人1000円、中・高校生400円、小学生300円と共通
アクセス 公共交通:長崎電気軌道(路面電車)大浦天主堂電停→徒歩5分
車:長崎道長崎ICからながさき出島道路経由4km10分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

旧長崎大司教館

大浦・南山手のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください