うみたまごは本物の海の中のような臨場感が味わえる水族館

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」は大分県にある水族館。いろいろな角度から魚の様子が見られる「大回遊水槽」や、色とりどりのサンゴと熱帯魚が競演する「サンゴ大水槽」などが見られるほか、「キッズコーナー」では海の生き物がモチーフになった遊具で遊ぶことができます。

名物のセイウチやイルカのショーや、ダイバーが水槽の中で行う餌付けなどアトラクションも盛りだくさんの、家族みんなで楽しめるスポットです。赤ちゃん連れにうれしい授乳室は館内3ヵ所にあり、各所にあるスロープはベビーカーでも利用しやすそう。うみたまごは「みんなにやさしい水族館」をテーマとしているだけに、小さな子供連れでも安心して出掛けられる施設です。

うみたまごで見ることができる生き物は?

うみたまごの一番の見所は大回遊水槽でしょう。今では珍しくなくなった、岩山を中心にその周りを大小の魚たちが泳ぐ回遊水槽ですが、これはうみたまごが世界で初めて造ったもの。全長2.5mにもなるサメの一種・ドタブカや畳より広いホシエイをはじめ、約90種類の大小の魚たちが泳ぐ様子が見られます。大回遊水槽はいろいろな角度から見ることができ、まるで本物の海の中にいるような臨場感が味わえるでしょう。

「海獣ゾーン」にいるセイウチは、キュートなショーを見せてくれるうみたまごの人気者。「パフォーマンスエリア」や「セイウチ水槽」でかわいい姿を観賞できます。海獣ゾーンには、同じくショーで人気のイルカやアゴヒゲアザラシのほか、トドやペンギン、コツメカワウソなども暮らしています。

ほかにもうみたまごには、水族館の人気者のチンアナゴや幻想的なミズクラゲ、アマゾン川に生息する巨大なピラルクなど、思わず見入ってしまうさまざまな生き物がいます。

イルカショーを見て楽しむ!

うみたまごのイルカショーは、プールと客席の距離が近いことが自慢です。かわいい仕草を見せてくれたり、ダイナミックなジャンプを披露してくれたりと、見応え抜群!夏になるとイルカが客席に水をまく演出があります。

うみたまごのイルカは、ショーに出ているバンドウイルカやハナゴンドウ以外に、「あそびーち」でふれ合えるハセイルカがいます。同じイルカでもそれぞれ特徴がありますが、水槽やショーでよく観察すれば、種類がわかるようになるかも?

うみたまごの展示物はきれいな魚やサンゴ礁がたくさん!

「サンゴ大水槽」は、大分の県南に生息するサンゴ礁と、色とりどりの魚が泳いでいる水槽です。水族館で見られるサンゴとしては、なんと世界最大級!海の中の神秘的な風景を再現していて、美しい色彩に思わずうっとりしてしまいます。サンゴ大水槽では、水中カメラで接写したサンゴの画像を使っての飼育員の解説や、土・日曜、祝日には水槽にダイバーが登場して行う魚の餌付けもあります。人懐っこく寄ってくるナポレオンフィッシュに会えるのも、サンゴ大水槽です。

うみたまごはみんなに優しい水族館!

うみたまごでは美しい水槽や迫力あるショーなど、家族で楽しめるポイントがたくさんあります。小さな子供が遊べるキッズコーナーや、3ヵ所の授乳室を備えるほか、館内はバリアフリーでベビーカーでの移動がしやすいなど、小さな子供連れに優しいところもうれしいポイント。

親子みんなで出掛けて、うみたまごの魅力を体感してみませんか?

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

住所 大分県大分市高崎山下海岸
電話番号 097-534-1010
料金

<入館料>

大人(高校生以上)2,200円/小人(小・中学生)1,100円

/幼児(4歳以上)700円/3歳以下無料

営業時間 9:00~18:00(11~2月は9:00~17:00)
定休日 不定休
アクセス

JR「別府駅」より大分交通バス大分駅行きで15分、

バス停「高崎山自然動物園」下車して徒歩すぐ

/大分自動車道「別府IC」から12km

駐車場 800台(410円) ※市営駐車場利用
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり