九州の海を再現!マリンワールド海の中道の魅力を紹介

「マリンワールド海の中道」は開園してから30年を迎えた水族館です。「イルカ・アシカショー」のほか、「ラッコの食事タイム」「バックヤードツアー」といったイベントが楽しめます。また、「アイランドトーク」という、イルカのトレーニングを体験しながら、飼育係から話を聞けるイベントもあります。

「九州の近海」というスポットでは、九州を囲む東シナ海、太平洋、日本海、瀬戸内海をそのまま水槽内に再現するなど、自然に近い環境で魚の飼育が行われています。「阿蘇 水の森」では、県内に1,000ヵ所以上の湧水源があり、水を活かした空間設計になっています。山から川へ、そして海へと自然がつながっているように、水と緑が広がっています。

素敵にライトアップした「九州のクラゲ」も見所です。日常を忘れてゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。そして、水深7mの外洋大水槽は大迫力!ここでは、上層、中層、低層で違った生き物たちが過ごしており、それぞれの生態を見ることができます。

お子様連れのご家族のために、ベビーカーの貸し出しは無料。館内には授乳室も設置されており、ミルク用のお湯も用意されています。年間パスポートもありますので、ぜひマリンワールド海の中道に足を運んでみてください。

マリンワールド海の中道

住所 福岡県福岡市東区西戸崎18-28
電話番号 092-603-0400
料金

<入園料>大人2,300円/シニア料金(65歳以上)1,840円/中学生1,200円

/小学生1,000円/幼児(4歳以上小学生未満)600円

営業時間 9:30~17:30 ※営業時間は季節により変動します
定休日 2月第1月曜とその翌日
アクセス

JR「博多駅」より30分/西鉄バス「天神中央郵便局前」より60分

/都市高速「香椎浜ランプ」から18km

駐車場 400台(520円)
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり