サンピアザ水族館でたくさんの生き物を観察! 餌付けショーも人気

「サンピアザ水族館」は、ゴマフアザラシやコツメカワウソ、イワトビペンギン、ニシキアナゴ、ドクターフィッシュ、カクレクマノミなど、人気の生き物が観察できる水族館です。展示されている生き物は約200種、約10,000点となっています。あまり大きな水族館ではないので、所要時間は1時間程度と考えておくといいでしょう。

約2,000匹の魚が泳ぐ1階の水槽では、餌付けショーも人気となっています。 また、小さな子供に人気のヒトデやカニに実際にふれられる「タッチングプール」も用意されています。暖かい海に生息している魚と、寒い海に生息している魚のコーナーで分けられており、生き物に対する理解を深めることにも役立つはずです。

2階では、色鮮やかなネオンテトラなどの熱帯魚が泳ぐ水槽があります。熱帯地方特有のスコールを再現し、南米アマゾン川に生息する魚を展示しているスペースも見所です。のんびり優雅に泳ぐ魚たちを見て歩くのに最適なスポットです。

サンピアザ水族館には、ベビーカーは3台が用意されていて、レンタルは無料です。注意しなければならないのが、自動販売機での飲み物の販売はあるものの、館内には食事ができる施設がないこと。隣接する大型ショッピングセンター内にはレストランがあるので 、そちらを利用するといいでしょう。

サンピアザ水族館

住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-7-5
電話番号 011-890-2455
料金 <入園料>大人900円/子供400円
営業時間 10:00~18:30(10~3月は18:00まで、入館は閉館30分前まで)
定休日 無休
アクセス 札幌市営地下鉄東西線「新さっぽろ駅」より徒歩3分

/道央自動車道「札幌南IC」から2km

駐車場 1,750台
特徴 キッズおすすめ

雨でもOK

弁当持込可

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり