こんにゃくパークで手作り体験や詰め放題を楽しむ!

こんにゃく芋の産地として有名な群馬県甘楽郡にある「こんにゃくパーク」は、その名のとおり日本の伝統食材であるこんにゃくの魅力を伝えるための施設です。

こんにゃくの手作り体験やこんにゃく詰め放題などが楽しめる、こんにゃくパークの特徴をご紹介します!

富岡製糸場から車で15分!

こんにゃくパークは、日本の伝統食材であるこんにゃくが、和食文化のひとつとして100年後も愛される日本であるために、こんにゃくの魅力を多くの人に伝えるための施設です。こんにゃくパークは、工場見学の入場料や駐車場代も無料で、家族でのお出掛けにもぴったりの施設です。

しかも、世界遺産に認定された「富岡製糸場」から車で15分という立地にありますので、富岡製糸場の施設見学と併せてお出掛けするコースもおすすめですよ。

親子でわくわく楽しめる!「こんにゃく手作り体験」

こんにゃくパークの魅力は、何といっても「こんにゃく手作り体験」です。手作り体験のコースは3つあって、フルーツをトッピングした出来立てのゼリーが味わえる「手作りこんにゃくゼリーフルーツ体験コース」、白こんにゃくがカラフルに色付けされる「こんにゃくカラーマジック体験コース」、自分だけのオリジナルの形のこんにゃくを作ることができる「手作りこんにゃく体験コース」となっています。こんにゃくの手作り体験のコースによって、子供(小学生以上)が250~500円、大人(中学生以上)が500~1,000円という料金で楽しめます。

どのコースも体験後は、出来立てのこんにゃくをその場で味わうことができますし、作った物はすべてお持ち帰りもできるのがうれしいところ。家族でこんにゃくパークに遊びに行ったら、ぜひ体験したいですよね!

体験コースのスタート時間は9:30からで、昼の時間帯を除いて、1時間おきに開催されています。小学校1年生以上が対象となっていて、前日までの完全予約制なので、手作り体験を希望の方は事前に必ず予約をしてくださいね。

こんにゃくの製造工程や歴史が楽しく学べる「工場見学」

こんにゃくの製造工程や歴史、雑学などを楽しく体験しながら学べる「工場見学」も人気です。「こんにゃく芋」と「こんにゃく粉」から製造する2種類のこんにゃく製造ラインを見学することができます。機械の細やかな部分や製造工程を映像でわかりやすく解説してくれるので、お子様はもちろん、工場見学好きなパパやママも楽しめそうですよね。

さらに、「こんにゃくの本当の色って白なの?黒なの?」「こんにゃくが健康にいいって本当?」「白いこんにゃくはしらたき?糸こんにゃく?どっち」など、こんにゃくの秘密が発見できる雑学もたくさん知ることができます。

これであなたも、立派な「こんにゃく博士」になれちゃいますよ!

こんにゃく料理が楽しめる「無料バイキング」

こんにゃくパークでは、さまざまな種類のこんにゃく料理が楽しめる無料の「バイキング」ゾーンがあります。群馬県自慢のこんにゃくをさまざまなアレンジ料理で楽しめるほか、食物繊維がたっぷり入ったこんにゃく寒天ゼリーを使った「スイーツバイキングコーナー」もあります。こんにゃくゼリーは子供たちに大人気なので、大喜びすること間違いなし!ぜひ、ヘルシーなこんにゃく料理をたっぷり楽しんでくださいね。

お土産コーナーには、こんにゃくうどんやこんにゃくラーメンのほかにも、こんにゃくカステラ、こんにゃく豆大福、こんにゃくアイスといったデザート系も販売されています。

品数は限定されますが、「こんにゃく詰め放題」もおすすめ!ビニール袋いっぱいに、こんにゃくをいっぱい詰めちゃいましょう。こんにゃく詰め放題は、毎日開催していて商品も日によって変わるので、一期一会の珍しいこんにゃくとの出会いがあるかもしれませんね。

出来立てが食べられる「マンナンポップコーン工場」もオープン!

新たにオープンした施設が、作り立てのポップコーンが食べられる「マンナンポップコーン工場」です。油を使わないポップコーンマシーンを使って、カリッとした軽い食感のヘルシーなポップコーンが食べられます。

フレーバーは、キャラメルポップコーンの発祥の地・シカゴスタイルの濃厚なキャラメルをかけた「キャラメル味」、アメリカ直輸入のチェダーチーズペーストを使用した濃厚な「チーズ味」、国産の純ココアを使用したプレミアムな「チョコレート味」の3種類から選べます。ポップコーンを製造しているキッチンはガラス張りになっているので、調理風景を見学することもできますよ。

家族でリラックスできる無料の「足湯」も併設

ゆったりしたいという方には、「足湯」ゾーンがおすすめです。甘楽町の観光名所である名水百選・雄川堰(おがわぜき)の地下水を、工場の蒸気を使って沸かしたエコな「足湯」を4種類楽しめます。17mある長いお風呂のほか、大理石風のアジアンストーン風呂や檜風呂などがありますので、リフレッシュできそうですよね。

見所がいっぱいの「こんにゃくパーク」、ぜひ一度お出掛けしてみてはいかがでしょうか?

こんにゃくパーク

住所 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204‐1
電話番号 0274-60-4100
料金

<入園料> 無料

<こんにゃく体験> 大人(中学生以上)500~1,000円/小学生250~500円

※小学生以上対象・要予約

<こんにゃく詰め放題> 500円

営業時間 9:00~18:00(最終受付17:00まで)
定休日 不定休
アクセス 上信電鉄上信線「上州福島駅」より車で2km/上信越自動車道「富岡IC」から3.3km
駐車場 400台(無料)
特徴

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

ベビーカー利用可

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり