ココリコ田中さんに聞く(3) ボクの大好き&おすすめ水族館7選

芸能界一の“生きもの好き”で知られる、ココリコの田中直樹さん。2019年6月発売のJTBパブリッシング『るるぶ にっぽんの水族館』では、巻頭インタビューにご登場いただき、海の生きものや魚、そして水族館のことを、田中さんならではの視点から語ってもらいました。そのときのお話から、3つのテーマについて「るるぶKids」でもご紹介します。

今回は、その第3弾、田中さんが大好きな水族館を選んでもらいました。「順位はつけられません」と田中さん。ココにも田中さんの人柄と水族館愛を感じました。掲載順もランキングではなく、北から順に紹介していきます。

ココリコ田中さんに聞くシリーズ
» (1) 水族館がもっと楽しくなる回り方
» (2) かわいい深海魚5選&カッコいい深海魚5選

目次(index)

おたる水族館(北海道 小樽市)

自由すぎるペンギン…だから好き♪

田中: 「おたる水族館」には、ペンギンのショーがあるんですけど(夏期のみ)、このペンギンが言うこときかないんです。
るるぶ: ええ~(笑)。
田中: そう、なかなか飼育員さんの指示をきかなくて。でも、このやりとりがショーとして成立しているんです。ショーの見せ方も水族館によって工夫されてるなぁ、と思います。なんか、その振り幅というか…、好きだなぁ。

「おたる水族館」の「ペンギンの海まで遠足」。コチラも夏期のみ実施

問合先 0134-33-1400
住所 北海道小樽市祝津3-303
料金 <入館料>大人1400円/小・中学生530円/3歳以上幼児210円/2歳以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

アクアワールド茨城県大洗水族館(茨城県 大洗町)

サメ好きのボクにはたまりません

田中: ボクはサメが大好きなので「アクアワールド茨城県大洗水族館」はたまりません。
るるぶ: サメの飼育種類数は約60種ですね。
田中: はい、飼育種類数日本一、多分ですがボクの知っている範囲では世界一の展示だと思います。サメ好きには、本当にたまらない水族館なんです。

シロワニなどが泳ぎ回る「アクアワールド茨城県大洗水族館」の「サメの海」

問合先 029-267-5151
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
料金 <入館料>大人1850円/小・中学生930円/3歳以上幼児310円/2歳以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

のとじま水族館(石川県 七尾市)

毎年イベントで最新情報を仕入れてます

田中: この2~3年「のとじま水族館」で「海の日イベント」をやらせてもらってまして、イルカプールの前で、お客さんたちと生きものの話をさせてもらってます。
るるぶ: 楽しそうですね。
田中: はい。そしていつも、生きものの最新情報を飼育員の方から教えてもらってるんです。例えば、ジンベエザメの口幅は1m以上ありますけど、ず~っと口の奥のほうにある喉の大きさはペットボトルのキャップくらいしかない、とか。
るるぶ: ええ~、そうなんですか?
田中: だから人が飲み込まれる…喉からお腹に入ることはないと。
るるぶ: なるほど。

「のとじま水族館」ジンベエザメの食事シーン

問合先 0767-84-1271
住所 石川県七尾市能登島曲町15-40
料金 <入館料>大人1850円/3歳~中学生510円/2歳以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム(静岡県 沼津市)

シーラカンスは永遠の憧れです!!

田中: 「沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム」の、深海に特化した専門的な展示が好きです。
るるぶ: やはり、シーラカンスですね。
田中: そうそう、子どものときからシーラカンスに憧れが強かったので、その冷凍標本が見られるのは、何回行っても心躍ります。もちろん、深海生物全般大好きですし、水族館自体の展示の仕方も丁寧でわかりやすいですよ。

「沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム」のシーラカンスの冷凍展示

問合先 055-954-0606
住所 静岡県沼津市千本港町8315-40
料金 <入館料>大人1600円/小・中学生800円/4歳以上幼児400円/3歳以下無料/65歳以上1500円

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

名古屋港水族館(愛知県 名古屋市)

オキアミの展示! そしてイルカのパフォーマンス

田中: なんと言っても「名古屋港水族館」は、ナンキョクオキアミを展示しているんです!
るるぶ: ナンキョクオキアミ?
田中: ジンベエザメとかシロナガスクジラとか、海の生きものの多くは、このオキアミを食べるんです。つまり、海をささえてくれているのがオキアミ。ボクは好きだなぁ。ただ、オキアミってあんまり飼育展示されてないんですけど、ココにはいるんです。
るるぶ: なるほど、貴重な展示ですね。
田中: あと、ウミガメも確か、館内で産卵もしてるんですよ。それと、イルカがパフォーマンスを行うプールの水の量は日本一。館内のどの水槽も広くて迫力があります。

幅が60mもある「名古屋港水族館」のメインプール

問合先 052-654-7080
住所 愛知県名古屋市港区港町1-3
料金 <入館料>大人2000円/小・中学生1000円/4歳以上幼児500円/3歳以下無料

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

京都水族館(京都府 京都市)

地元の生きものをていねいに展示

田中: 「京都水族館」はオオサンショウウオですね。
るるぶ: 水族館のシンボルですね。
田中: 大阪の淀川にもオオサンショウウオがいるってことを(知らなかったんですけど)、教えてもらいました。この地域で生息している生きものをていねいに展示しているところが好きです。今はどうかわからないですけど、以前「京都水族館」へ行ったとき、スタッフジャンパーがリバーシブルになっていて、その裏地がオオサンショウウオ柄だったんですよ。そこにも、オオサンショウウオ愛があふれている感じで、そういうの好きですね。

「京都水族館」のアイドル! オオサンショウウオ

問合先 075-354-3130
住所 京都府京都市下京区歓喜寺町35-1 梅小路公園内
料金 <入館料>大人2050円/高校・大学生1550円/小・中学生1000円/3歳以上幼児600円/2歳以下無料

詳細ページはただいま準備中です

海遊館(大阪府 大阪市)

初めてジンベエザメを見た水族館は縁が深い

田中: ジンベエザメを初めて見たのがココでした。それと、お笑いの世界に入るため、海遊館の外にある駐車場でガードマンのバイトをして、それでお金を貯めて上京したんです。
るるぶ: そうなんですか。
田中: はい。そういういう意味でも、お世話になっている…思い入れも強い水族館なんです。
るるぶ: なるほど、縁が深いですね。

「海遊館」の太平洋水槽では、2頭のジンベエザメが泳いでいる

問合先 06-6576-5501
住所 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10
料金 <入館料>大人2300円/小・中学生1200円/4歳以上幼児600円/3歳以下無料/60歳以上2000円

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

ココリコ田中さんに聞くシリーズ
» (1) 水族館がもっと楽しくなる回り方
» (2) かわいい深海魚5選&カッコいい深海魚5選

『るるぶ にっぽんの水族館』では、カテゴリー別&エリア別で全国の水族館を紹介

2019年6月24日発売の『るるぶ にっぽんの水族館』では、カテゴリー別大図鑑にて、5つのカテゴリーに分けて人気の水族館を紹介しています。例えば「アクアワールド茨城県大洗水族館」「海遊館」はアイドル水槽型、「名古屋港水族館」「京都水族館」は総合バランス型、「沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム」は専門こだわり型など。加えて「おたる水族館」「のとじま水族館」といった全国各地の水族館を、エリア別カタログにて掲載。にっぽんの水族館の魅力的な情報がいっぱい詰まったムック本です。

» この本の詳細・試し読み・購入はコチラ