いつでも楽しく遊べる屋内型アトラクション、お台場のレゴランド東京をたっぷり楽しもう!

「レゴランド®・ディスカバリー・センター東京」は、東京のお台場・デックス東京ビーチ内にある屋内型テーマパーク。300万個を超えるレゴ®ブロックで飾られた施設は、定番のブロック遊びはもちろん、レゴ®の世界観を最大限に満喫できる体験型アトラクションが盛りだくさん!夏気分を盛り上げるスペシャル・イベントも開催!

目次(index)

まずはレゴの工場を見学しよう!「レゴ®ファクトリー」

エントランスからすでにかわいい

3階にあるエントランスで入場料を支払ったら(QRコードチケットを提示したら)、ミニフィグの形をした入口を抜け、エレベーターに乗り込みます。

エレベーターが開いたとたん目の前に広がるのは、赤や青や黄色など、一面に広がるカラフルなレゴの世界!
素材となるプラスティックに触れたり、ブロック作りの行程を遊具で体験できるレゴの工場になっています。

ここでたくさんのミニフィグを持ったスタッフを発見!ミニフィグトレードに大興奮!

なんと、レゴランドの密かな人気アクティビティ、「ミニフィグトレード」がはじまったようです。

基本的に「ミニフィグトレード」は、自分が持っているミニフィグとスタッフの名札についているミニフィグをいつでも交換(トレード)できるアクティビティなのですが、決められた時間になると、このようにたくさんのミニフィグを持ったスタッフと交換することができるのです。

ぜひ家にあるミニフィグを忘れないように持参しましょう!

まるで本物!リアルすぎる東京のジオラマが圧巻!「ミニランド」

レゴランドの目玉ともいえるコーナーがこちら、「ミニランド」

スカイツリーに東京タワー、都庁、浅草寺、国会議事堂など、ありとあらゆる東京の名所が、約167万個のレゴ®ブロックで巨大ジオラマとして再現されています。

建物内に人がいたり、道路の車が動いていたり、トラックの広告も本物そのもの。街角にはおなじみのコンビニもあります。64色のブロックでここまで再現できるなんて……すっかり感動の域。

おまけに、約4分間隔で昼夜のライティングが変わり、日中からサンセット、夜景まで、それぞれのシーンの景色を楽しむことができます。

細かい部分にまでこだわったリアルさ、ていねいさ、完成度の高さに脱帽!子どもだけでなく、大人も大興奮ですっかり見入ってしまいます。

自分が巨人のようになった不思議な感覚

ニンジャ修行に挑戦だ!「レゴ®ニンジャゴー シティ アドベンチャー」

急こうばいの道をのぼる。クリアなるか?

元気いっぱいの子どもにおすすめなのがこちら。『レゴ®ニンジャゴー』をテーマに、数々のトレーニングを行って「最強のニンジャになる!」というアトラクションです。
148cm以下の子どものみ体験できます。
時間が区切られての入れ替え制。早速、靴を脱いで入場します!

ニンジャ屋敷を舞台に、障害物をよけて壁をよじのぼったり、狭いトンネルを進んだり……。内部にはさまざまなカラクリや仕掛けがあり、それらをアスレチック気分でクリアしていきます。
安全面も考えられていて、壁や床もふわふわのスポンジで包まれていてるので安心です。
飛んだり跳ねたり、体をたくさん動かせるのが魅力。雨の日にもいいですね。

ボールの川に落ちないよう慎重に進もう

自分だけのレゴ®レーサーを走らよう!「レゴ®レーサービルド&テストゾーン」

タイヤだけでも数種類あって悩みそう

レゴ®ブロックのパーツを使って、自分だけのスペシャルカーを組み立てることができるのがこちらのコーナー。スポーツカーやトラック、消防車など、さまざまな車を組み立てることができます。
作り方は簡単なイラストで表示されているので、子どもでもわかりやすいのがいいですね。

完成したら、早速テストゾーンで走らせてみます。坂道コース、半円コース、なかには1/1000の本格的なストップウォッチが用意されているコースもあります。

自分で作った車がコースを颯爽と走って行くところを見て、子どもは大はしゃぎ!

車を走らせるのについ夢中に!

タイミングがあえば、「マスター・モデル・ビルダー」が組み立てを手伝ってくれます。

この「マスター・モデル・ビルダー」というのは、トップレベルの技能を持ったレゴ職人のこと。各施設に1名だけ在籍します。世界中でたった25人しか認定されていないとその狭き門に驚き!子どもたちにレゴ®ブロックの楽しさを伝えてくれています。

二代目マスター・モデル・ビルダーのたておかふみあきさん

勇者になってお姫様を救出!「キングダム・クエスト」

赤く点滅する敵の弱点を狙え!

カーレースで遊んだあとは、ライド型アトラクションの「キングダム・クエスト」へ。

中世の王国にタイムスリップして、悪者からお姫様を助け出すというストーリー。レーザー光線でスクリーンに映るモンスターを倒していくシューティングゲームです。

行く手をはぐくむモンスターや不気味なガイコツ戦士があらわれたら、手に持ったレーザーガンで倒しながら進みます。

どれだけ敵を倒したかスコアも表示されるので、家族で競争するのも楽しいですね。

出口には写真売り場があって、アトラクション中のフォトスポットで撮影された写真も購入することができます。

料金は単品で1000円、キーチェーンとセットで購入すると1500円とおトクになりますよ。

飛び出す3D映像に、風や雨まで出現?「4Dシネマ」

レゴ・キャラクターが飛び出してくる

さて次は、飛び出す3D映像ならぬ4Dシネマへ!

スタッフから専用ゴーグル(サングラスのようなメガネ)を受け取って着席します。

はじまったのは「レゴムービー」。

途中で、風が吹いたり、水しぶきがかかったり、テーマパークさながらの臨場感あふれる4次元の演出に、すっかり主人公たちと一緒に冒険をしている気分!

水しぶきは、小雨が当たる程度なのでさほど濡れませんが、小さなお子さんが一緒ならハンカチやタオルを持参するとよいかもしれませんね。

魔法の世界を空中探検する「マーリン・アプレンティス」

マーリンの見習いになって魔法の世界へGo!

こちらは、有名な魔法使い、マーリンのアプレンティス(見習いや弟子という意味)になって世界を飛び回る、というアトラクション。

ペダルを漕ぐと座席が自由に上下して、くるくると空高く舞いあがれます。漕げば漕ぐほどふわりと上昇するので、気づけば子どもより夢中になっちゃうことも。

国内の屋内テーマパークで、このような大規模なペダル付きライドはレゴランド®ディスカバリー・センターだけというから、これは乗るしかない!

90~120cmの子どもには18歳以上の方の付添が必要です。

特別なレゴ作品を組み立てちゃおう!「クリエイティブ・ワークショップ」

ワークショップは所要30〜40分

アトラクションを楽しんだら、あっという間にワークショップの時間。
こちらは、マスター・モデル・ビルダーが考案した特別な作品を作る参加型の教室です。

定員制なので、入場後すぐ予約しておくのがおすすめ

今回の作品は「カメラ」。作品のお題はイベントなどによって変わるのと、事前告知されないので、来てからのお楽しみになります。

教室前方のモニターには組み立ての手順が表示されて、スタッフの方が見回りながらわかりやすく説明してくれます。
渡されたパーツを使ってコツコツ組み立てていくと、はじめは難しそうだなぁと思っていたのに、あっという間に出来上がり!子どももなんだか自慢げです。

モニターを使いながらわかりやすく説明してくれる。インストラクターのサポートもあり

やった、できた! とおおよろこび

完成後は修了証の授与も。達成感に浸れる瞬間です

残念ながら作った作品は、持ち帰ることができませんが、最後にもらえる修了証をギフトショップに持っていくと、同じパーツの入ったキットが500円で購入できます。家に戻ってからもう一度楽しめるのがうれしいですね。

レゴランド®は、「子どもが主役」がテーマなので大人だけの入場は不可。大人同士で楽しみたいなら「大人のレゴナイト」の日を狙って行くしかないのですが、このレゴナイトの日なら、大人でもこの教室に参加できますよ。

とにかくレゴ®ブロックがいっぱい!「デュプロ®ビレッジ」

オリジナルのやわらか素材の巨大ブロック。すべり台やレゴ®ブロックで作られた動物もある

アトラクションはまだ乗れない赤ちゃんや未就園児さんなど、小さな子どもならこちらのエリアへ。

やわらかいマットが広がる広場には、大きめサイズのデュプロ®ブロックがたくさん!

ジャンボサイズのソフトブロックもあって、子どもたちはイスやテーブルや大きなお家など、さまざまなものを作っています。想像力や感受性を育むのにピッタリですね。

押さえておきたい限定メニューも!「カフェテリア」

遊んでいる子どもを見守りながら、ちょっと休憩を

デュプロ®ビレッジの横には、カフェテリアがあります。
メニューは、カレーやパスタなどの軽食やドリンク類など、バラエティ豊かに揃っていますが、なかでもマスト・オーダーなのが、「レゴバーガープレート」とロック型のチョコをトッピングした「レゴチョコドリンク」。レゴの世界感が存分に楽しめるオリジナルメニューです。

どちらも食べるのがもったいないないくらいかわいくて、見た目のインパクトも大!SNS映えもばっちり! 

カフェテリアの営業時間は10時30分〜18時30分。また、飲食物の持ち込みは禁止なのでご注意を。

ボリューム満点なので子どもとシェアするのもいい。バーガープレートはポテトつきで1100円。ドリンク450円

レゴの量り売りもあるギフトショップ「レゴランド®・ディズカバリー・センターショップ」

400種類を超えるレゴ商品がずらり!

出口に向かう3階には、おみやげやグッズが購入できるギフトショップがあります。
こちらだけでしか手に入らないアイテムもたくさん!見ていると、どれもこれもと目移りしてしまいます。

なかでもおすすめは、都内ではここだけという限定アイテム、レゴの量り売り(50g=500円)。約100種類ほどあるというレゴ®ブロックを好きな量だけ購入できるので、子どもたちにとってはたまりませんね。

こちらの「レゴランド®・ディズカバリー・センターショップ」は、入場チケットがなくても利用できるので、グッズだけ購入しに来ることもできます。
また、年間パスポートを持っていれば、いつでも20%オフで買い物できるのも魅力です。

めずらしい色や形のブロックがザクザク

最後にデッキでの記念撮影もお忘れなく

自転車にまたがって撮影するのがおすすめ

「レゴランド®・ディズカバリー・センターショップ」を出て右奥に進むと、デックス東京ビーチの屋外デッキが見えてきます。

ウッドデッキ張りのシーサイドデッキに立っているのは、なんと、レゴのメインキャラクターであるバディくんとボニーちゃん。東京湾が一望できる開放的なナイスビューをバックに、2人に挟まれて写真を撮る人があとを絶ちません。

海からの心地よい潮風にあたりながら、記念にここでパシャリ!

夏気分を盛り上げるスペシャル・イベント開催!「レゴ®ニンジャゴー夏祭り」

室内なので暑い夏も快適

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京では、2019年7月13日(土)から9月1日(日)まで、「レゴ®ニンジャゴー夏祭り」を開催します。

金魚釣りや輪投げに挑戦したり、キャラクターたちと一緒に盆踊りに興じたり、ミニフィグトレードもできます。ゲームやアクティビティを思う存分に楽しめる、スペシャルな夏祭りです!

カフェでは、「ニンジャかき氷」や「骨つきフランク」「ゼンの焼きそば」など、期間限定の夏祭りらしい元気な特別メニューも登場します。

今年の夏は、レゴの世界でたくさん遊んで、学んで、熱い夏を過ごしましょう!

イチゴ、メロン、ブルーハワイの3種が揃うニンジャかき氷

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京のお得なレジャーチケットを購入!るるぶモールで購入する

レゴランド®・ディスカバリー・センター東京の最新情報はこちらから!

https://tokyo.legolanddiscoverycenter.jp/

<施設情報>レゴランド®・ディスカバリー・センター東京

住所 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール3F・6F〜7F
電話 0800-100-5346
営業時間 10:00〜20:00(最終入場は~18:00)、 土・日曜、祝日10:00~21:00(最終入場は~19:00)
休館日 デックス東京ビーチの休館日により準ずる(不定休)
料金 窓口料金: 2400円、前売りチケット1700円(3歳以上一律料金)、2歳以下は無料
年間パスポート:4500円~
※15歳以下のみの入場は不可
アクセス 電車:ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩約2分/りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩約5分
車:首都高速11号台場線「台場ランプ」より約3分、首都高速湾岸線「有明/臨海副都心」から約4分
駐車場 550台(デックス東京ビーチ内、有料)
特徴 ベビーおすすめ
キッズおすすめ
飲食施設あり
ベビーカー利用可
オムツ交換スペースあり
授乳スペースあり

Sponsored:レゴランド®・ディスカバリー・センター東京