北海道の鉄道博物館・電車スポット5選!昔なつかし馬車鉄道やトロッコ運転体験も

小樽市総合博物館 本館のアイアンホース号

小樽市総合博物館 本館

北海道の鉄道スポットは、自然がいっぱい、歴史を感じさせる遺産もいっぱい。道内の開拓を担った車両にふれられるスポットや、乗車体験ができるスポットも多数あります。

明治・大正時代の建物を移設した「北海道開拓の村」では「馬車鉄道」がおすすめ。馬が引っ張る車両に揺られながら、在りし日の北海道に浸れます。森林鉄道ディーゼル気動車やトローリー、運材貨車など、北海道の開拓期を支えた“はたらく車両たち”にも出会えますよ。

目次(index)

鉄道の博物館・技術館・資料館など

北海道開拓の村(北海道/札幌市)

ほっかいどうかいたくのむら

まるで明治・大正時代にタイムスリップしたかのよう

明治・大正時代に北海道各地で建てられた建物を移築した施設。村内には馬車鉄道が走り(冬期は馬そり)、鰊[にしん]番屋や石造りの旧小樽新聞社など、歴史上貴重な建築を間近に見ることができる。昔の生活を体験できるよう、季節ごとにさまざまな年中行事も実施している。馬が線路の上の車両を引っ張る「馬車鉄道」が人気。

冬の雪道を走る馬そり/北海道開拓の村(北海道札幌市)

冬期間は雪景色の村内を馬そりが走る

馬車鉄道で開拓時代を体感/北海道開拓の村(北海道札幌市)

馬車鉄道(夏期間)で北海道の開拓時代を体感

<電車好き・子鉄におすすめのポイント>

  • 車両展示あり/常設4両/森林鉄道ディーゼル気動車、森林鉄道トローリー、森林鉄道運材貨車
  • 乗車体験あり/馬車鉄道乗車体験(大人250円、14歳~3歳100円)※4月中旬~11月のみ
問合先 011-898-2692
住所 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
料金 入場大人800円、高校生・大学生600円、中学生以下無料
URL

http://www.kaitaku.or.jp

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

小樽市総合博物館 本館(北海道/小樽市)

おたるしそうごうはくぶつかん ほんかん

汽車がテーマのミニテーマパーク

本物の蒸気機関車を展示するスケールの大きな博物館。ドーム型のスクリーンによるプラネタリウム、科学展示室など幅広い展示内容だ。なかでも鉄道関係の資料は充実。SLの運行(冬期運休)もある。旧手宮鉄道施設(機関車庫三号ほか)は国指定重要文化財になっている。

アイアンホース号/小樽市総合博物館 本館(北海道小樽市)

アイアンホース号

機関車庫三号と転車台/小樽市総合博物館 本館(北海道小樽市)

機関車庫三号と転車台

<電車好き・子鉄におすすめのポイント>

  • 車両展示あり/常設50両/蒸気機関車「しづか号」など
  • 運転体験あり/1909年製造米国製の蒸気機関車「アイアンホース号」がけん引する客車に体験乗車が可能。転車台での方向転換も見ることができる(運行は4月29日から10月中旬まで)
問合先 0134-33-2523
住所 北海道小樽市手宮1-3-6
料金 入館400円(11月上旬~4月下旬は300円)、高校生・市内在住の70歳以上200円(11月上旬~4月下旬は150円)、中学生以下無料
URL

https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

名寄市北国博物館(北海道/名寄市)

なよろしきたぐにはくぶつかん

北国・名寄の歴史と自然を学ぼう

名寄市北国博物館は、単に郷土の歴史資料の展示施設ではなく、北国の自然と文化に親しむ体験学習施設。また、ミズナラの原生林に囲まれた環境を生かして、ギャラリーホールから四季折々の自然や野鳥の観察ができる。博物館前には、大雪が降った後の除雪作業に活躍したSL排雪列車「キマロキ」が屋外展示保管されており、完全な編成が残されているのは全国で名寄市だけとなっている。

名寄市北国博物館(北海道名寄市)の外観

名寄公園のミズナラ林に隣接した環境で、自然観察も楽しめる

SL排雪列車「キマロキ」を屋外展示/名寄市北国博物館(北海道名寄市)

SL排雪列車「キマロキ」を屋外展示している

<電車好き・子鉄におすすめのポイント>

  • 車両展示あり/常設1両/SL排雪列車※冬季(10月中旬~4月下旬)は見学不可
問合先 01654-3-2575
住所 北海道名寄市字緑丘222
料金 大人220円、65歳以上110円、高校生以下無料
URL

http://www.city.nayoro.lg.jp/section/museum

スポット詳細・MAPは準備中

鉄道のテーマパーク・体験施設など

狩勝高原エコトロッコ鉄道(北海道/新得町)

かりかちこうげんえことろっこてつどう

エコトロッコで鉄道運転士気分を味わう

保線用軌道自転車でレール走行を楽しめる施設。800mのコースが整備され、踏切あり、トンネルありの変化に富んだコースが楽しめる。タブレットによるポイント切換、信号機、踏切等々、気分は運転士そのもの。乗車切符はなつかしい硬券で記念に持ち帰ることができる。動力は人力で自転車のペダルが付いていて漕ぐことにより動く。身長120cmくらいから漕ぐことができる子ども用シート装備車両もある。実際に使われていたJR北海道や国鉄の制服や帽子が置いてあり記念撮影にぴったり。※子ども(子ども料金対象者)だけでの乗車不可。一台に必ず大人が同伴の必要あり。
上記組合せなら複数台トロッコを使用可能(金額に変動なし)。

実際に遮断機も閉まる踏切/狩勝高原エコトロッコ鉄道(北海道新得町)

実際に遮断機も閉まる踏切

小雨でも安心の屋根付き車両/狩勝高原エコトロッコ鉄道(北海道新得町)

小雨程度なら大丈夫な屋根付き車両を1台用意

<電車好き・子鉄におすすめのポイント>

  • 車両展示あり/常設1両/59672蒸気機関車
  • 乗車体験あり/保線用軌道自転車乗車体験(大人700円、3歳以上中学生以下400円)
問合先 080-1882-3434
住所 北海道上川郡新得町狩勝高原
料金 大人(高校生以上)700円、小人(3歳~中学生)400円、0~2歳無料
URL

http://ecotorocco.jp

スポット詳細・MAPはるるぶ&more.へ

トーマスステーション札幌(北海道/札幌市)

とーますすてーしょんさっぽろ

「きかんしゃトーマス」に会いにいこう!

「トーマスのなかよしトレイン」、「トーマスのわくわくひろば」、ホイールローダーのジャックが主役の乗りもの「ジャックのGO!GO!ショベル」など楽しい遊びが盛りだくさん。併設のショップでは限定グッズも多数販売。

親子で乗れる「トーマスのなかよしトレイン」/トーマスステーション札幌

親子で乗れる「トーマスのなかよしトレイン」トーマスと一緒に出発進行!

「トーマスのわくわくひろば」の木製レールやボールプール/トーマスステーション札幌

元気いっぱい遊べる「トーマスのわくわくひろば」木製レールやボールプールなどで遊べるよ!

<電車好き・子鉄におすすめのポイント>

  • プラレールあり/店頭に展示什器あり、プラレールトーマスシリーズのみ販売
  • ミニ列車・ミニSLあり/トーマスと一緒に出発進行!「トーマスのなかよしトレイン」(1回400円)
問合先 011-596-0506
住所 北海道札幌市中央区北5条西2JRタワー札幌エスタ9F
営業時間 10~20時(わくわくひろばは10~19時※最終入場18時30分)
料金 入場料無料、乗り物等で遊ぶ場合は有料
URL

https://www.thomastown.jp/station/sapporo

スポット詳細・MAPは準備中

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

鉄道・電車好きにおすすめの記事

<鉄道博物館・鉄道公園・電車スポット>
■ 北海道・東北 北海道東北(秋田・宮城・福島)
■ 関東 栃木・群馬埼玉千葉東京神奈川
■ 中部 甲信越・北陸(山梨・長野・新潟・石川・福井)東海(愛知・静岡・岐阜・三重)
■ 関西 大阪関西(滋賀・京都・奈良・兵庫・和歌山)
■ 中国・四国 中国・四国(岡山・鳥取・島根・山口・徳島・香川・愛媛)
■ 九州・沖縄 九州(福岡・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)・沖縄

<テーマで鉄道・電車スポットを探そう!>
全国おすすめ鉄道カフェ&飲食店
東京を走る新幹線が見えるスポット

<ママ鉄・鈴川絢子さんおすすめ>
東京電車さんぽおすすめコース
電車の見える東京の公園
こどもと乗りたい夏の観光列車