愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の見所とスポーツ施設を紹介!

「モリコロパーク」の愛称で親しまれている「愛・地球博記念公園」。2005年の日本国際博覧会(愛知万博/愛・地球博)の跡地に開設された都市公園です。敷地内には親子で楽しめるスポットがたくさんあり、中でも人気なのがジブリ映画で有名な「サツキとメイの家」。スポーツ施設も充実しているので、アクティブな家族にぴったり!ここでは、それぞれのエリアの魅力をご紹介します。

モリコロパークで「サツキとメイの家」を見る!

モリコロパークで人気なのが、映画「となりのトトロ」に登場する主人公一家が住む家を再現した「サツキとメイの家」です。田舎に引っ越した主人公サツキとメイの家の周りは、草木が生い茂る自然豊かな場所。そんなサツキとメイの家を、室内までじっくりと見ることができます。

家の中を観覧するにはチケット(大人410円、4歳~中学生250円、要予約)が必要ですが、外観を見るだけなら無料です。物語の舞台である昭和30年代の暮らしが感じられるので、おじいちゃんやおばあちゃんも楽しめそうですね。

モリコロパークで体を使って遊ぼう!

モリコロパーク内にある「こどものひろば」には、体を動かして遊べるスポットがたくさんあります。

「自然体感遊具」は森・水・風の3つのエリアに分かれていて、自然の地形を活かした遊具が無料で利用できます。ロープを登ったり、滑り台を下りたり、自然を感じながら、思い切り体を動かせるでしょう。夏は水遊びもでき、小さな子供でも楽しめるスポットになっています。

「愛知県児童総合センター」では、室内アスレチックが楽しめます(中学生以下無料、高校生以上300円)。平日は子供と親子で体験できる「あそびのプログラム」も開催されていますので、ぜひチェックしたいところです。

こどものひろば以外にも、「アイススケート場」や自然体験ができる「フィールドセンター もりの学舎」など、体を動かして遊べる施設はいろいろ!少し大きな子供なら、親子でテニスやフットサル、サイクリングなども体験できます。何度も通ううちに、楽しみが増えますね。

見てスポーツをして楽しめるモリコロパーク!

モリコロパークは子供が楽しめる施設がたくさんある都市公園です。「サツキとメイの家」は、人気の映画がモチーフなだけに、どんな子供でも大喜びしてくれるでしょう。

体を動かせる施設が豊富にあるのもモリコロパークの魅力。親子で思い切り体を動かしながら、いっしょにスポーツを楽しめます。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

住所 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
電話番号 0561-64-1130
料金 <入園料>無料(入園自由) ※別途有料施設あり
営業時間

8:00~19:00(11~3月は8:00~18:30) 

※有料施設・屋内施設は異なる

定休日

無休

※有料施設・屋内施設は月曜(祝日の場合は翌平日、春・夏・冬休みは無休)

アクセス

リニモ(愛知高速交通東部丘陵線)「愛・地球博記念公園駅」より徒歩すぐ

/名古屋瀬戸道路「長久手IC」から県道6号経由2km

駐車場 1,800台(500円)
特徴

ベビーおすすめ

キッズおすすめ

雨でもOK

飲食施設あり

オムツ交換スペースあり

授乳スペースあり