中華・中国料理

大阪府/大阪駅・梅田・中之島

Hu-Long

clip

気になった店舗・施設をクリップしよう♪

るるぶIDでログインすると、気になる店舗・施設を「クリップ」できます。クリップ一覧にお気に入りとして追加されるため、ご予約・ご購入時にゆっくり見比べながら選ぶことができます。

閉じる

MAP

シノワーズスタイルから家庭的中華まで堪能できる モダンチャイニーズに、気さくなシェフがもてなす ココロにもカラダにもやさしい中国料理をご堪能ください

JR北新地駅から歩いて3分。繁華街の喧騒を離れたビル2階に佇む、隠れ家的なお店です。扉を開ければ、全13席の小ぢんまりとした空間。有名ホテルで腕を磨いてきた気さくなシェフが、オンリーワンのコース料理でもてなしを。そのモットーは「カラダにやさしい中国料理」。従来の中華スタイルとは異なり、一人一皿ずつ提供される「シノワーズスタイル」を採り、広東・上海料理をベースにした正統派の味を提供致します。

続きを読む

  • line
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • mail

平均予算

ランチ
1,000
ディナー
7,000
全体満足度

レビューを見る

レストランのこだわり

  • 心と体に沁みわたる本格中国料理

    特選素材を使用したシェフのセンスが光るシノワーズスタイルが自慢の当店。数ある料理の中でも、コシのある極細の香港麺にカニミソ入りのあんが何とも贅沢な「上海蟹のやきそば」は、当店一押しのメニューです。他にもアワビを使ったお料理や気仙沼産の銘品をやわらかに堪能できる『フカヒレの姿煮』など、多彩な中華料理をご用意して皆様をお待ちしております。素材の持ち味を存分に引き出す自慢の中国料理をお楽しみください。

  • シェフ『北村 克治』

    1965年生まれ、大阪府出身。中国料理店を経営する両親のもとで生まれ育ち、幼少時からこの道を志すことに。調理師学校卒業後、甲子園を皮切りに、大阪・京都の中華料理店で修業。その後、京都ホテルやハイアットリージェンシー、ヒルトンホテル、ホテル阪急インターナショナルなど有名ホテルを渡り歩いて腕を磨く。2009年に「チャイニーズダイニング フーロン(Hu-Long)」を立ち上げました。

  • お忍びにはもってこいの 北新地の穴場

    温かな雰囲気の店内は、オープンキッチンでカウンターがメイン。気さくなシェフが、自分のためだけにコースを組み立ててくれます。オープンキッチンで、目の前で調理してくれる臨場感とともに本格中華と味わう紹興酒は絶品です。ゆっくりリラックスしながら自慢の中華料理を思う存分味わってください。特別な日のお食事や、ご接待、もちろんおひとりでのご利用も。様々なシーンでご利用ください。

PLAN

予約可能なプラン一覧

予約可能なプランを検索

来店日
人数

日付をクリア

大変恐れ入りますが、現在Web予約できるプランがありません。

レビュー

総合満足度
料理・味 接客サービス 価格
0.0 0.0 0.0

店舗情報

基本情報

Hu-Long
(フーロン)
住所〒530-0002 大阪市北区曽根崎新地1-2-4 谷安セストビル 2F
電話番号06-6442-7788
営業時間ランチ 11:30~   (無くなり次第終了)
ディナー18:00~23:30(無くなり次第終了)
定休日日曜・祝日
喫煙ランチ禁煙
(喫煙所あり。喫煙は時と場合により
お断りする場合がございます。)
料理長北村 克治
ドレスコードカジュアル

予算・お支払い

ランチ平均予算1,000
ディナー平均予算7,000
サービス料10%(ディナーのみ)
チャージ料700円/人(ディナーのみ)
※予約プランにより異なる場合があります。
予約時決済方法店頭支払いOK
店頭会計方法テーブル会計/レジ会計
店頭クレジットカード可Visa/MasterCard/JCB
American Express/Diners Club

座席

総席数13席/テーブル/4席
カウンター/9席
個室なし
座敷なし
貸切可能

各種サービス

駐車場なし/なし
タクシー手配/メモなし

店舗の特徴

利用シーンデート/接待/記念日・特別な日

注意事項

注意書きお席のご指定は承っておりません。

アクセス

最寄り駅
北新地駅/大江橋駅
電車
JR東西線北新地駅 11-23番出口 徒歩3分
地下鉄四つ橋線西梅田駅 徒歩5分
阪神本線梅田駅 徒歩7分
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅 徒歩10分

MAP

もっと探す

このレストランをお気に入りに<クリップ>登録しよう!

こんなレストランも見られています

あなたへのおすすめ

おすすめの記事

最新のおでかけスポットや、話題のグルメ・スイーツ情報が満載。

記事をもっと見る

閲覧履歴