【お知らせ】感染症拡大防止のため、営業日時変更となる店舗・施設があります。 予約・購入の前に最新情報をご確認ください。

中華・中国料理

東京都/赤坂・青山・六本木

炎麻堂 赤坂店

clip

気になった店舗・施設をクリップしよう♪

るるぶIDでログインすると、気になる店舗・施設を「クリップ」できます。クリップ一覧にお気に入りとして追加されるため、ご予約・ご購入時にゆっくり見比べながら選ぶことができます。

閉じる

MAP

人気の『火鍋』や『麻辣もつ鍋』『麻婆豆腐』など 『炎麻堂』自慢の創作中華の数々をご堪能下さい

『辛くて香ばしい中華の店』【炎麻堂】某有名中華料理店出身の料理人達が作る本格的な味をリーズナブルに味わえます。人気の『火鍋』や『麻辣もつ鍋』などの各種鍋料理や、名物『四川麻婆豆腐』など様々な絶品料理を愉しめます。また、ご宴会やお集まりに、お得な飲み放題つきコースもご用意しております。赤坂で中華料理なら、ランチもディナーも炎麻堂へ是非お越し下さい。

続きを読む

禁煙
  • line
  • はてなブックマーク
  • pocket
  • mail

平均予算

ランチ
1,000
ディナー
3,000
全体満足度

レビューを見る

レストランのこだわり

  • 名物 毎日でも食べたくなる 特製麻婆豆腐

    麻婆豆腐は(麻=しびれる)(辣=辛い)を基本としています。炎麻堂の麻婆豆腐はさらに『旨み』と『香ばしさ』にこだわり、毎日でも食べられる麻婆豆腐を目指しました。麻婆醤は最高級の豆板醤やテンメン醤などを使用し、オリジナル麻婆醤を作り上げました。辣油は独自ブレンドした油で朝天唐辛子を弱火でじっくり揚げ、丸1日かけて仕上げます。辛さも5段階からお選びいただけます。是非、一度ご賞味下さい。

  • 大好評 他店では味わえない 『火鍋』と『麻辣もつ鍋』

    身体の芯から温まり、食欲と元気の出る炎麻堂の火鍋は、当店完全オリジナルです。刺激の中に深いコクと旨味が凝縮されています。麻辣もつ鍋も、新鮮でプルっプルのもつをピリ辛の麻辣スープで煮込む当店オリジナルのもつ鍋です。辛さがやみつきになる事間違いなし。辛さはお好みで選択できます。

  • お客様のニーズに合わせた 多様なメニュー

    リーズナブルなものから、ボリューム重視のもの、クオリティ重視のものまでお客様の用途に合わせて選んでいただける豊富なメニューをご用意して皆様のご来店をお待ちしております。お得なコースメニューもご用意しておりますので、大人数様のご宴会でも対応可能です。普段のお食事から、各種お集まりなど様々なシーンでご利用下さい。

PLAN

予約可能なプラン一覧

予約可能なプランを検索

来店日
人数

日付をクリア

大変恐れ入りますが、現在Web予約できるプランがありません。

レビュー

総合満足度
料理・味 接客サービス 価格
0.0 0.0 0.0

店舗情報

基本情報

炎麻堂 赤坂店
(エンマドウ アカサカテン)
住所〒107-0052 港区赤坂3-17-8 都ビル B1
電話番号03-3224-0550
営業時間<ランチ>
◆月~金曜
11:00~16:00(L.O.15:30)
<ディナー>
◆月~金曜
18:00~23:00(L.O.22:10、ドリンクL.O.22:30)
定休日土日祝日
店舗URLhttp://www.enma-do.com/
喫煙禁煙/店内禁煙です。
※2020年4月1日の改正健康増進法の施行により、情報が変更となる場合がございますので、正しい情報についてはレストランへご確認ください。
料理長和田久志
ドレスコードカジュアル

予算・お支払い

ランチ平均予算1,000
ディナー平均予算3,000
サービス料なし
チャージ料なし
※予約プランにより異なる場合があります。
予約時決済方法店頭支払いOK
店頭会計方法テーブル会計・レジ会計
店頭クレジットカード可Visa/MasterCard/JCB
American Express/Diners Club

座席

総席数40席/テーブル/30席
カウンター/9席
個室なし
座敷なし
貸切可能

各種サービス

駐車場なし/なし
タクシー手配/メモあり

店舗の特徴

特徴禁煙/カクテルの種類が豊富
利用シーン家族やグループでの利用

注意事項

注意書き--

アクセス

最寄り駅
赤坂見附駅/赤坂駅
電車
赤坂見附 ベルビー赤坂方面口出口 徒歩4分
赤坂 2番出口 徒歩5分
永田町 7番出口 徒歩5分

MAP

もっと探す

このレストランをお気に入りに<クリップ>登録しよう!

こんなレストランも見られています

あなたへのおすすめ

おすすめの記事

最新のおでかけスポットや、話題のグルメ・スイーツ情報が満載。

記事をもっと見る

閲覧履歴