象潟・鳥海山

象潟・鳥海山

城下町・本荘にはこの地を支配した豪族、六郷氏ゆかりの史跡が残る。日本海と鳥海山に面した象潟は俳諧師・松尾芭蕉にも詠まれた風光明媚な地で、その作品「奥の細道」にも描かれた蚶満寺は必見だ。名峰・鳥海山には5合目まで鳥海ブルーラインが通じていて、海抜ゼロから1,100mに一気にのぼる山岳道路で、おすすめのドライブコースとなっている。眼下に日本海、遠くに飛島や佐渡を望み、男鹿半島、左右には庄内平野を望む大パノラマを楽しむことができる。

該当する記事:0件

ページトップへ戻る ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください