• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • 旅にぴったり!360度カメラで、思い出をまるごと残しちゃおう♪簡単に使うコツを教えちゃいます
旅にぴったり!360度カメラで、思い出をまるごと残しちゃおう♪簡単に使うコツを教えちゃいます

旅にぴったり!360度カメラで、思い出をまるごと残しちゃおう♪簡単に使うコツを教えちゃいます

おでかけ フォトジェニック カメラ女子 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

もうすぐ春休みやGWなど、お出かけシーズンが到来!お出かけや旅行の機会も増えますが、せっかくの大切な旅の想い出は、後で振り返っても楽しいかたちで残したいですよね。今回は、周りの景色や楽しく過ごした空間を、簡単にぜんぶ思い出に残せてしまう、360度カメラをご紹介します!新婚旅行のポルトガル・マルタで360度カメラを沢山活用された、Meiさんご夫婦の旅の360度写真を通して、楽しむコツを習得!

Summary

今回の旅の相棒(カメラ)は・・・

RICOH THETA(リコーシータ)
重さはなんと100g程度!ポケットにも入っちゃうくらいのコンパクトさです。撮影の仕方はとっても簡単。本体の真ん中にある、まるいシャッターボタンを押すだけで、周りを取り囲むすべての景色を360度、すべて写真に残すことができちゃうんです。


1. 360度の絶景も、自分たちも全部撮れる!

旅先で素敵な景色に出会った時。スマホや普通のカメラで撮影しても、景色の一部しか映りませんよね。また、自分たちも景色と一緒に映ろうと自撮りすると、映り込む景色はもっと少なくなってしまうことも。
そんなときTHETA(シータ)を使ってみると!

【THETAで撮影:ポルトガル リスボンの丘の上】
※スマホで閲覧している場合はタッチして画像を動かしてみてください!
PCの場合はマウスカーソルで動かせます

撮影している自分たちも、周りの絶景も、簡単に360度で撮影できるんです。下の写真のようにTHETA(シータ)を自撮り棒とセットで使うと、上の画像のようにまるで空撮で撮影したような、綺麗でダイナミックな画像も簡単に撮影できますよ。

【スマホで自撮り】
【スマホで自撮り】

ちなみに、同じ場面をスマホの自撮りで撮った写真がこちら。見た景色の臨場感が、全く違いますよね。


2. 建物の中の空間まで、場所の雰囲気を全部思い出に残せる!

【スマホで自撮り】
【スマホで自撮り】

広々と活気がある空間を、雰囲気も含めて写真に撮りたくても、普通のカメラだとなかなか全体が映らないもの。
でもTHETAで撮ると、天井や周囲をぐるっと取り囲む空間を、その場の雰囲気も含めて全部思い出に残すことができるんです。
自撮り棒を使うとより手が映らなくなりますが、さっと今撮りたい!そんなときは、THETAを取り出して本体のシャッターボタンを指で押すだけ。とっても簡単です。

【THETAで撮影:リスボンのマーケット】
※スマホで閲覧している場合はタッチして画像を動かしてみてください!
PCの場合はマウスカーソルで動かせます


3. 狭い空間だって、簡単に全部撮れる!

【スマホで撮影】
【スマホで撮影】

丘が多いポルトガルのリスボンは、こんなかわいいトラムが街中を走っています。早速トラムに乗ってみたMeiさんご夫婦。
トラムの中を、THETAで撮影した写真がこちら。↓
普通のカメラで、車内全体を映すことは難しいと思いますが、THETAだと乗り物のような狭い空間でも、すべて撮影することができちゃうんです!

【リスボンのトラム:THETAで撮影しアプリで編集】
【リスボンのトラム:THETAで撮影しアプリで編集】

他にも、車の車内や観覧車…というような空間もTHETAでの撮影にとってもおススメ!
また、THETAは360度画像だけでなく、アプリを使うと上のような平面の画像にも簡単に編集できますよ。


4. 街の雰囲気や高い建物も全部撮れる!

THETAの強みのひとつは、どんなに至近距離で撮っても、360度すべて撮れること。
街全体の雰囲気や、近くの建物も、上から下まで全部写真に収めることができるんです。

【マルタの旧市街:THETAで撮影】
※スマホで閲覧している場合はタッチして画像を動かしてみてください!
PCの場合はマウスカーソルで動かせます


5. 撮った360度写真は簡単にシェアできる!

撮った360度画像はスマホからLINEやGoogle Photosで友達にシェアしたり、編集してInstagramなどSNSに投稿したりも簡単にできますよ。
360度画像編集アプリTHETA+を使用すれば、リトルプラネットという上のような写真に編集してInstagramに投稿できるんです。

さらに、昨年発売したばかりのRICOH THETA SC2は、簡単に使えるセルフタイマー機能や、リモコン対応、顔モード・夜景モードといったプリセット機能など、初心者でも使いやすい機能が満載のエントリーモデルです。

いかがでしたか?
みなさんも、次の旅行はぜひTHETAで楽しい思い出を残してみてくださいね。



Sponsored:株式会社リコー

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

エディターズ紹介バナー

人気ランキング

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください