桃の生産量日本一!30万本の桃が花開く山梨県笛吹市で行きたい桃スポット4選

釈迦堂遺跡博物館からは一面の花雲と南アルプスを望めます

桃の生産量日本一!30万本の桃が花開く山梨県笛吹市で行きたい桃スポット4選

インスタ映え インスタジェニック お花 絶景 温泉
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

桃の生産量日本一を誇る山梨県笛吹市では、3月下旬~4月上旬に約30万本の桃が咲き誇ります。特に生産が盛んな一宮町の桃畑は、この時期まさに桃源郷の絶景。桃の花を楽しんだら、桃スイーツを味わって立ち寄り湯でゆったりしましょう。

Summary

甲斐国分寺跡から楽しめる、桃と菜の花ののどかな花景色

桃と菜の花、里山の景色が素晴らしい甲斐国分寺跡からの眺め
桃と菜の花、里山の景色が素晴らしい甲斐国分寺跡からの眺め

奈良時代に聖武天皇が全国に建立させた国分寺の跡。現在は礎石などが残るだけですが、ここからの桃と菜の花、里山の眺めは見事です。
周辺の道が整備されていないので、公共交通機関の利用、または少し離れたところから歩くのがおすすめです。

■甲斐国分寺跡
住所:山梨県笛吹市一宮町国分425
TEL:055-262-4111(笛吹市商工観光課)
拝観時間:境内自由
定休日:無休
料金:境内自由
駐車場:2台

釈迦堂遺跡博物館から一望できる一面の桃畑と南アルプスの山々

一面の桃畑と南アルプスを同時に楽しめる絶景が広がります
一面の桃畑と南アルプスを同時に楽しめる絶景が広がります

中央自動車道建設中に周辺から発掘された縄文時代の土器や土偶を中心に展示する博物館。桃の花の時期は、花雲の背後に冠雪した甲斐駒ヶ岳や南アルプスの山々を遠望できます。

縄文土器や土偶、道具類の展示が充実しています

縄文土器や土偶、道具類の展示が充実しています。

■釈迦堂遺跡博物館
住所:山梨県笛吹市一宮町千米寺764
電話:055-347-3333
開館時間:9~17時
定休日:火曜、祝日の翌日
駐車場:30台

桃農園が営むカフェで、桃とイチゴのパフェを味わう

桃の花の時期に人気の桃と苺のフラワーパフェ
桃の花の時期に人気の桃と苺のフラワーパフェ

桃農家の中西農園が運営するカフェ。春は桃とイチゴ、桃の収穫期である夏には完熟桃たっぷりの桃パフェやピーチパイを味わえます。春のおすすめは桃と苺のフラワーパフェ1500円。桃の自家製コンポートやジャムとイチゴが贅沢な味わいです。

■Peach Cafe なかにし
住所:山梨県笛吹市一宮町末木544-1
電話:055-347-1948
営業時間:11~17時LO
定休日:水曜、5・6月
駐車場:10台

桃の花とスイーツを楽しんだ後は、ももの里温泉でゆったりと

春には温泉につかりながら花景色を楽しんで
春には温泉に浸かりながら花景色を楽しんで

笛吹川畔にある、桃畑とブドウ畑に囲まれた日帰り温泉施設です。春には、畳敷きの休憩室や露天風呂から、一面がピンクに染まる桃畑のパノラマを楽しめます。内湯と露天風呂のほか、サウナや打たせ湯も備えています。

■ももの里温泉
住所:山梨県笛吹市一宮町金沢387-1
電話:055-347-4126
営業時間:10~21時
定休日:木曜(祝日の場合は翌日)
料金:3時間620円、1日1030円
駐車場:40台


掲載した情報をはじめ、一宮の桃畑についてもっと知りたい方は、『気軽におでかけ! 首都圏日帰り花景色12カ月』をご覧ください。

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は『気軽におでかけ! 首都圏日帰り花景色12カ月』に掲載した記事をもとに作成しています。</p>

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください