楽しく!おいしく!美しく!春の日帰り旅は“工場見学”に行くべし♪

楽しく!おいしく!美しく!春の日帰り旅は“工場見学”に行くべし♪

食・グルメ 関東の工場 お菓子 スキンケア 写真 フォトジェニック
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

無料でありながらモノ作りの秘密を間近で感じ好奇心も全開、おまけに試食やお土産まで…と良いこと尽くしの工場見学。ここ数年のブームで、施設内にフォトスポットがあったり、体験コンテンツが充実していたりと、工場見学もアップグレードしています。今回は、関東近郊で楽しめる女子におすすめの工場見学スポットをご紹介します!

撮りたくなる!フォトジェニックな仕掛けがいっぱい

▼江崎グリコ(Glico)/グリコピア・イースト▼

最初にご紹介するのは、「ポッキー」や「パピコ」でおなじみの江崎グリコの工場見学施設『グリコピア・イースト』。

工場だけでなく、企業ミュージアムが合体したこちらの施設には、「フォトスタジオゾーン」として巨大なゴールインマークがあったり、トイレの案内板がゴールインマークだったりと遊び心が満載です。隠れグリコサインを探しながら見学するのも楽しそう!

「グリコ」に付いていたおもちゃも展示。昭和レトロなものから最新のものまで、約1,500点が並ぶゾーンで、「コレ集めてたな」「今はこんなおもちゃなんだ」など、「グリコ」のおもちゃの歴史をたどることができます。

『グリコピア・イースト』で見学できる製造ラインは「ポッキー」と「プリッツ」。しかもアテンダントの詳しい解説付き。
今でも老若男女に愛されるグリコの2大ロングセラー商品の製造過程をガラス越しで見られます!

お土産は、「ポッキー」の形をした風船と、グリコピア・イースト限定パッケージのプリッツ。「ジャイアントポッキー」にデコレーションができる有料体験(500円)も人気です。

<施設DATA>
グリコピア・イースト
見学/無料(完全予約制)
住所/埼玉県北本市中丸9-55
見学に関するお問い合わせ/048-593-8811
受付時間/開館日の9~16時
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

▼コカ・コーラ ボトラーズジャパン/多摩工場▼

1886年にアメリカで誕生して以来、世界中で愛され続ける「コカ・コーラ」。関東近郊で工場見学ができるのは、フォトジェニックなスポットが多いことで話題の多摩工場です。
アメリカンダイナーをイメージしたエントランスが印象的!

こちらで人気なのが、この見学ゾーン。

「コカ・コーラ」のポスターやグッズが数多く飾ってあり、自由に見て撮影ができることからおしゃれなフォトスポットとしても人気を集めています。
もちろん、「コカ・コーラ」の歴史や製造工程なども迫力の映像で楽しめますよ。

ガラス越しに見学できるのは、ビン・PETボトルの炭酸ライン、コーヒー・お茶の缶ライン、非炭酸系の小型ペットボトルラインと種類も豊富。

お土産はオリジナルのタオルハンカチ。ビンの「コカ・コーラ」もその場で試飲可能です♩

コスメももらえる!心ときめく化粧品工場へ

▼FANCL/株式会社ファンケル美健 千葉工場▼

洗顔パウダーやマイルドクレンジングオイルといった化粧品をはじめ、現代人の悩みをサポートする様々なサプリメントを生み出し続けるファンケル。

ここ千葉工場で主に製造されているのは、CMでもよく耳にする“無添加化粧品”の数々です!

1980年の創業以来「無添加」を追求するファンケルのこだわりを学んだり、製造ラインを見学したり…。医薬品も製造できるレベルのクリーンな環境で無添加化粧品は作られています。

見学ツアーのお土産は、話題のサプリメントと化粧品 。特設ショップではファンケルの人気商品を購入できます。

<施設DATA>
株式会社ファンケル美健 千葉工場
見学/無料(完全予約制 実施希望日の2週間前まで)
住所/千葉県流山市西深井1028-5
見学に関するお問い合わせ/04-7155-0011
受付時間/9時30分〜16時30分(月〜金)
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

▼ヤクルト/湘南化粧品工場▼

「乳酸菌のチカラを、素肌のチカラに。」知る人ぞ知るヤクルトのスキンケア・化粧品ブランド『Yakult Beautiens』。
その化粧品生産ラインの見学や化粧品の体感ができる工場が実は湘南にあります。

工場見学は『五感で感じる体感ツアー』とされており、ヤクルトが化粧品を作るようになったきっかけやオリジナル成分の体感、生産ラインの見学、体感タイム(商品のお試し)といったコースを用意。
生産ライン見学では、実際のライン担当者と直接マイクを使って会話することもできます。

お土産はなんと基礎化粧品のサンプルセット。女子同士でぜひ足を運びたいスポットですね。

<施設DATA>
株式会社ヤクルト本社 湘南化粧品工場
見学/無料(完全予約制 ①10:00〜、②13:30〜 約90分)
住所/神奈川県藤沢市鵠沼神明2-5-10
見学に関するお問い合わせ/0120-8960-25
受付時間/9~17時(土・日・祝日・夏季休業・年末年始は除く)
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

普段と違う味を探しに!期間&地域限定の味を食べ比べ

▼カルビー/清原工場▼

国内スナック市場シェア約5割、シリアル市場においてもトップシェアを誇る大手菓子メーカー・カルビー。関東近郊でも工場見学が実施されており、宇都宮にある清原工場では、ロングセラー商品である「かっぱえびせん」と「フルグラ」の製造工程を楽しめます。

また、シリアルに関しては清原工場でしか製造されておらず、カルビーのなかで工場見学できるのもココだけ!

工場内は、焼き上げたオーツ麦やライ麦、ドライフルーツのあま〜い香りで来場者をお出迎え。製品の作り方をDVDや工場職員お手製のディスプレイを見ながら楽しく学べるほか、製造ラインももちろん見学可能。

工場見学の最後は試食タイム。季節限定の「かっぱえびせん」や「フルグラ」、ご当地限定の味も楽しむことができますよ。

<施設DATA>清原工場
見学/無料(完全予約制)
住所/栃木県宇都宮市清原工業団地23-7
見学に関するお問い合わせ/028-346-7070
受付時間/祝日をのぞく月~金 9~16時(12~13時除く) ※電話に出られない場合があります。
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

ビール好きならココ!併設のレストランでお食事も

▼キリン/キリンビール株式会社 横浜工場▼

ビールだけでなく発泡酒や第3のビールのシェア率でも圧倒的な人気を誇るキリンの工場見学は、こだわりの製法を見て・触れて・味わえるのが特徴。

見学ツアーでは、麦芽の試食をはじめ、ホップを手にとり香りを体験できたり、麦芽を煮込む巨大な仕込釜を見られたり、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁の飲み比べが楽しめたりと充実の内容に。最後はみんなで乾杯も。
工場にはレストランも併設されており、ビールによく合う食事も楽しむことができます。

有料の「ビールづくり体験教室」も開催。ビールの品質の7割を決定づけるとされる「仕込み」までを、醸造技術員にサポートしてもらいながら楽しく学べます。約6週間後には実際に自分の作ったビールがお手元に♪
※「ビールづくり体験教室」参加費用1組2名様:10,000円 お申し込み・開催日時など詳しくは公式HPをご覧ください。

<施設DATA>
キリンビール株式会社 横浜工場
見学/無料(完全予約制)
住所/神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1
見学に関するお問い合わせ/045-503-8250
受付時間/10〜17時(休館日を除く)
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

“体験”重視派におすすめ!フード系の工場&ミュージアム

▼味の素/川崎工場▼

原料調達から、製造、品質管理まで、商品ができるすべての工程が、目で見て触って理解できる工場見学を目指す味の素・川崎工場。
東京ドーム約8個分の広大な敷地面積を誇る川崎工場見学の移動はなんとバス!所要時間は90分とまさに本格的なバスツアーですね。

そして、味の素の工場見学の最大のポイントは、「ほんだし」「味の素」「Cook Do」と主要な商品シリーズで見学コースが分かれていること。

それぞれのコースで製造工程の見学ができるのはもちろん、「ほんだし」コースならかつお節削り体験、「味の素」コースならビンへの封入体験、そして「Cook Do」コースなら調理・試食体験が可能です。

日頃の食卓でお世話になっている味の素商品。ファンなら3コースすべて制覇したいはず!

コースの最後は「アジパンダショップ」でのお買い物。味の素商品はもちろん、「アジパンダ」のストラップやメモ帳などここでしか手に入らないグッズも目白押しです。

<施設DATA>川崎工場
見学/無料(完全予約制 見学希望日の1ヶ月前の1日から見学希望日2日前まで )
住所/神奈川県川崎市川崎区鈴木町3-4
見学に関するお問い合わせ/0120-003-476
受付時間/8時30分~16時30分(月〜土)
※見学の内容・予約の申し込み方などは施設の公式HPをご覧ください。

▼カップヌードルミュージアム 横浜▼

2011年9月のオープン以来、年間100万人以上が訪れる人気スポット『カップヌードルミュージアム 横浜』。

見て、触って、遊んで、食べて…インスタントラーメンのすべてを学べる、工場見学とは一線を画した体験型食育ミュージアムです。

館内にはインスタントラーメンを作れる体験コーナーが2つ設けられており、「チキンラーメン」を手作りできる『チキンラーメンファクトリー』と、世界でひとつだけの「カップヌードル」を作ることができる『マイカップヌードルファクトリー』を完備。

『マイカップヌードルファクトリー』では、自分でデザインしたカップに、4種類の中からお好みのスープと、12種類の具材の中から4つのトッピングを選び、自分だけのオリジナルの味を作ることができます。

ほかにも、インスタントラーメンの父と呼ばれる安藤百福氏の生涯をCGアニメーションで楽しめる『百福シアター』や、歴代のインスタントラーメンのパッケージがズラリと並ぶ圧巻の『インスタントラーメン ヒストリーキューブ』もあり、1日中楽しめる施設になっています。

<施設DATA>カップヌードルミュージアム 横浜
入館料/大人500円(高校生以下は入館無料)
開館時間/10~18時(入館は17時まで)
休館日/火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
アトラクション利用料/チキンラーメンファクトリー(要予約):小学生300円 中学生以上500円、マイカップヌードルファクトリー(要整理券):1食300円
住所/神奈川県横浜市中区新港2-3-4
ミュージアムに関するお問い合わせ/045-345-0918
受付時間/10〜18時(休館日を除く)
※入館料や施設利用料は変更する場合があります。
※予約や利用料金などの詳しい情報は施設の公式HPをご覧ください。

数ヶ月先まで予約でいっぱいなほど人気の高い工場見学。知れば知るほど、商品への愛着が深まりますよ!暖冬とはいえ屋外で過ごすのは避けたい2月、屋内でいろいろな発見・体験ができる工場見学に行ってみませんか?

Text:村田智子(vivace)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください